今年の誕生日は
ちょうどお休みに重なったので
伊豆へのプチ旅行中に迎えました
{4608D0E5-4841-4890-9740-AC6C8E9B76A0}
日本の渚 百選の「弓ヶ浜」にて  






冬の海は人も少なくて 
{C4849303-0E0E-4084-9627-E778539AF7B1}
のんびりお散歩もできて2匹も嬉しそうでした♡






チビっちゃい足あとがたっくさん。。。
{27BBFA82-E2A2-4F94-9983-8FD733423B57}
海辺にできたお絵かきは
波ですぐに消えてしまうけど





テディは初の海&浜辺に
{338DF0B9-379B-4B26-AB27-E9375B18261A}
とってもはしゃいでいました





泊まった宿の朝食のご当地野菜
{456841E3-B74B-4D6F-BB83-533CDF87610A}新鮮でとっても美味しかった






いくつの頃からか
誕生日は祝ってもらうというより
感謝する日になって

それでも歳は取りたくないな〜と
思っていましたが
病気になって手術してからは
{03309FA0-E0AD-4DD2-831F-69D14BB9ED84}
1つ1つ歳を重ねられることを
思い切り楽しもうと思うようになりました



あー!また1つ歳取っちゃったな。

そう毎年のように思っていたのが
↓↓↓↓↓



また1年、無事に過ごせたな!

歳が増えることは

有り難くて

当たり前じゃなくて







病気になって良かったなんて
思えることは
ほとんど無いのですが




歳を重ねられるのは
とても尊いこと



心からそう実感して


歳を取ることも思い切り楽しもうと
思えるようになったことが

唯一の病の功名かもしれません








帰りには神々しい夕日も拝めて
{9A32E750-0B5B-4C6D-A71F-ACF89E27AAEF}
また1年始まるな〜という気持ちに







こうして今ブログを書けていることも
あの時、家族の皆が「手術をしてほしい」と
私が1人で決断しきれなかった揺れる気持ちに
命を繋ぐ選択を強く推してくれたから。
{ECA7FA32-E6C4-4E19-B881-946053B7E8F2}
いつもは明るくなる話や
ほんわかするようなことを
心がけて書いてきたつもりだけど

今年は少し暗くもさせてしまうかもしれませんが
子宮全摘に至った経緯や
「死」と向き合った時
どんな気持ちの変動が起きたのか

 
自分も振り返りながら


書き留めていきたいと思います