おはよう御座います。

所沢は日本の
保健所発生の地
ってご存知でしょうか?




誇らしい事です。

対応も素晴らしいかった
と言う話しがあったので
お伝えします。


その前に

ウチの衛生士には
絵やデザインの才能があります。
(自慢😊)

新しい告知がしたくて
看板を作りました。

《訪問歯科衛生士ステーション》

訪問ナースステーション
があるならば。と
このネーミングは大丈夫か?
と、保健所に確認しました。

『問題ありません。是非頑張って広めて下さい』と応援のお言葉をいただきました。



ウチにお通いの患者さんなら
誰が誰だかわかると思います。
ソックリですよ!!



勤務医時代から
高齢者歯科に携わって
20 年になります。

所沢に引っ越して
母親の介護をきっかけに
地元の介護の方々と
連携を図るようになりましたが


国が予防、予防という割には
色んな法律の矛盾があります。


それは。
まだ走る人
元気でお暮らしの
まだ走る人
間に合う状況の

デーサービスでの
口腔ケアの介入です。

歯科医院に通えるか
通えないかの境い目
だからでしょう。
介入は出来ません汗

いずれにしても
認知症の傾向がある場合

要支援1.2
要介護1

1番大切な時期だと
考えています。


『親が認知症になったかな?と
思ったら、歯科医院に行って、パントモレントゲン(お口全体を見られる写真)を撮って
貰って持っておいて下さい❗️』

施設で仕事を、
させていただいていて
切実な思いなのです。

これから起きるであろう事が理由です。
⬇️
①歯を磨かなくなります
②痛くなっても忘れます
③痛みの真意がわかりません
④口を開けてくれません
⑤不衛生になりあちこち炎症を起こします
⑥誤嚥性肺炎になります
⑦痛いと言ったり言わなかったり本当の事が分かりにくい
⑨食欲と口の中の環境の関係が出やすい頃です。


在宅で介護をされているご家族は
是非一度、検診にお連れ下さい。
困難な場合は、訪問いたします。

オンラインで状況を確認させて
いただける様にしました。


先ずは歯科衛生士がお宅に訪問して
現地から📲でクリニックの私に
フェイスタイム
で繋ぎ、お口のトラブルを実況する
という方法です。






ご希望の方は
此方をコピーしてファックス📠をください