解剖実習 | えんじぇるかなちゃんのブログ

えんじぇるかなちゃんのブログ

エンジェル歯科クリニックのブログへようこそ  
歯医者をより身近に感じてもらうためにスタッフの近況、医院のイベント等をお送りいたします。
よろしくお願いいたします。

こんにちは🌞
今日は暖かいですね。

さて、私は
月に2日間、専攻生として大学に行っています。
前回は、チャンスがあって、
解剖学の実習を受けることが出来ました。

娘からの事前情報では、
『今、1番いいところだよ』

解釈すると

『今、1番、大切なところだよ』

です。

頭部を断面で見られる
という段階でした。


36年前の記憶はおぼろげです。

今、私が1番興味があったのは
舌👅
咽頭(喉)までの断面を確認できました。

舌の身長20㌢〜30㌢
体重200㌘
🍎一個分と同じです。
全身筋肉

これを吊り下げながら上下左右に
動かしているんだから
かなりの高齢者には重はず。

『老嚥』と言う言葉があります。
高齢化した方の嚥下=飲み込みの生理学
病気と言うより
老化現象の事です。

食べるのにも
飲み込むにも
舌と舌をサポートしている
筋肉の力が大切です。

こう言う話しと  
鍛えるトレーニングを
診療の合間や
セミナーで話しをしてます。

横顔や、口腔内を診て
思ったらはなしかけてますが

『最近、ちょっとむせるんだな、』
と思われたら教えてくださいね。



私の母は、
粉薬でむせて、肺炎で入院しました
誤嚥性肺炎です。
退院してからペースト食になり
食がすすまず
衰弱したのです。

ご本人もご家族にも
こんな悲しい思いをして欲しくありません。



実はこのトレーニングは
アンチエイジングの要素もあり
顔のむくみや、たるみ
も引き締め効果がありますよ



それにしても、
教材の発展している事している事


教科書の図はカラーだし、
DVDはあるし、
携帯の動画アプリまで有ります。


今のそこの授業がいかに大切か 
娘には話しましたが
出かける前に


『ママ、インスタとかダメだからね』 

わかってる






聴講させて頂いた、金銅教授
ありがとうございました。