言いにくい事 | えんじぇるかなちゃんのブログ

えんじぇるかなちゃんのブログ

エンジェル歯科クリニックのブログへようこそ  
歯医者をより身近に感じてもらうためにスタッフの近況、医院のイベント等をお送りいたします。
よろしくお願いいたします。


テーマ:

こんばんわ。

昨夜はオカンの悪寒。

38.6Cでダウンするも、葛根湯+アスタリール+ビタミックスで

20時間で完治しましたよ。早めの手当てが大事ですね。

休診日で幸いでした。

 

さて、先日、中野で、あるお芝居を観に行きましたよ.

 

 

4年前の所沢市産業振興課のビジネスコンペで競った永田京子ちゃん。

なんのその。あれよあれよと

今や、雑誌、メディア、大手企業、海外でも活動しています。

 ⬇︎

https://www.chebura.com/

 

 

更年期障害の理解と対策を社会にアピールしています。

 

出会った時から一途な思いが変わらない。若いけどリスペクトできる人です。

それをお芝居にして分かり易く、切なく、感動的なお芝居でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。。

 

女性歯科医師で良かったな。と思うことが度々あります。

 

50代後半になった、、今でこそですが。

 

診療中にミドルエイジの女性の話をよくよく伺っていると

もしかして、、、?と思うことがあります。

 

伺うと、ドンピシャ。

 

婦人科の持病があったり

更年障害に自覚があり、

 

はっきりしない口の中の違和感や、知覚過敏など

不定愁訴がお口の中に見られることが多々あります。

代表的な症状が口渇。ドライマウスです。

 

 

ハラハラと涙を見せる方もいらっしゃいます。

他の症状で日常生活がままならない事

「更年期障害で片ずけるな」。」「言い訳にするな。」

と家族にもパートナーにも理解されない事が多いようです。

 

女医さんでよかった。と喜ばれ

話をしただけで治った。と笑顔で帰られる方を見ると、、

一様にメンタルの問題と片ずけてしまってはいけません。

 

その昔

配偶者に、つわりの時は優しくされるのに、、、

 

実はそういうことが多いことを男性に知って貰いたいですね。

 

更年期障害を英訳するとチェンジオブライフ

そこから『ちぇぶら』と名付けたNPOだそうです。

 

 
ボケ老人⇒認知症という言葉が日常語になったように

更年期障害が日常語になるようになるといいですね。

 

そんな全ての気持ちを代弁してくれた劇でした。

 

エンジェル歯科では 『ちぇぶら』 を応援しています。

 

 

かなちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス