ネイルの日に

テーマ:

こんにちわ。

 

 

クリニックの裏に小さな古民家を改造したデーサービスがあります。

利用者の皆さんは、おうちにいる様な感覚でゆったりと過ごされています。

その温かい雰囲気が好きで、時々遊びに行っていました。

そこで、施設長さんが代表を務める勉強会にお誘いを頂きました。

 

 

 

15年前、居宅歯科診療や施設訪問診療を始めるきっかけは母でした。

血管性の認知症だった母の介護は3年前に終わりました。

 

今頃になって、

本当は、どうすべきで、どういう事だったんだろうか?

 

歯科医師としではなく、家族として

知りたくなって参加させて頂きました。

 

 

多種の介護職の方が参加しています。

いろいろなタイプの認知症の病態、行動、かかわり方、

から、薬、栄養、など専門的な分野までお話が聞けます。

最後の時間では皆さんの悩み解決の報告、相談までお伺いできます。

 

自主的に参加しているエンジェル歯科の衛生士と

とても貴重な時間を過ごさせて頂いています。

 

『先生は、どう思いますか?』などと、歯科医師として意見を求められることが増えて

 

口腔ケアや、入れ歯、嚥下、サルコペニアやオーラルフレイルの事など

ちょこちょこ。っと数分程度に話しをしていました。

 

勉強会は水曜の夕方です。休診日です。

 

先週もいつものように自分の時間を過ごしていた、昼過ぎ

 

主催者からメールが入りました。

『認知症と口腔ケア』で20分間、話をしてほしい。と。

 

えっ!!ゲッソリ

認知症ビックリマーク

認知症に特化した話!?

 

今日?滝汗

 

今までは『高齢者。』というくくりなら、あちこちで講演してきたけど

 

認知症か~・・・。

意識して分けて考えていなかったな~~と

プチパニックでした。

 

あと、3時間で考えないといけない。

あ、とりあえず、ネイルの予約はキャンセル

 

始めてのテーマ、

頭を整理して、

今までの経験を思い出して

 

健常な高齢者と

 

分けて考えてみました。

 

そうすると、

スルスル。と、意外に箇条書きが出来上がって

レジュメ作成が出来上がったのは開始10分前。

 

主催者の方も覚悟の上だったそうで、結局1時間お話ししていました。

現場で頑張るエンジェル歯科の衛生士にも少しの時間、話しをしてもらい

頷いて聞いてくれる面々、、質問も活気があふれました。

 

 

主に居宅に訪問している衛生士です。

 

 

まあ~生意気そうな私の顔が恥ずかしくてたまりません。

 

 

今回のこの経験は私たち歯科医院にとって

とても、大きな励みになりました。

 

頼まれた。

 

という事がです。

 

口腔ケアの大切さを話したらきりがありませんが、

 

認知症特有の歯科的問題は確かにあります。

 

 

 

この機会に整理できたことは主催者に感謝でした。