この1か月で自分が捨てた量が凄すぎて

おそらく、

引っ越し分くらいは捨てたと思います。

 

そこで、超~捨てられない性格だった自分から

(通称:もったいない・まだ使えるという洗脳)

『もの依存』という言葉を知り

「自分軸」を大切にできるようになったお話まで

ここでまとめてお伝えしていきたいと思います。



 

まず、前段として・・・

なぜ、私がこんなにも大量のものを

しまいこんで暮らしていたのか?

 

ここはおそらく、皆さんとも

かぶる部分があるかと思うので

読んでみていただけたらと思います。

 

①時間がない

そう、この理由が一番大きかったかと思います。

整理する時間がない。

その時間があったら他の家事をしたい。

仕事をしたい。

子供と遊んであげたい。

この時間がないという正当化の理由によって

引っ越しから丸々5年、

私たちの家は、私の捨てられないものに

溢れてしまうことになるのです・・・。

 

②もったいない・まだ使えるという呪文

これが①に重なると、

益々ものが捨てられなくなります!

タオル類、衣服は特にそう!

目に見えて汚れていないし、まだ着れるし、

そして、洋服ダンスに眠っているたくさんの

全然袖を通していない洋服さんたち。

いつ、出番が来るやら。

でも、たまに来る出番のために、

普段はベンチを温めるだけ。

スタメンは、ほとんど決まったものなのに。

 

③収納グッズを買い込む

100均に行っては、収納のかごを買い、

ニトリでも収納のかごを買い、

なんとか押し入れに入れようという私の想い。

これも、①②から来てました。。。

収納という、一瞬魅力的な技も、

どんどんものを溜め込む自分への

一歩だったのにも関わらず・・・。

 

そこで、私は今年から一念発起!

お尻を叩いてくれたのは、

他でもない夫。

夫が部屋の大改造をしたいと言ってきて

私のものを全て私と子供の部屋に

格納してきたものだから、全然おさまりが効かなくなりました。

 

そこで私は・・・

断捨離の山下秀子さんのYoutubeや

風水の本などを読みまくり

「もの依存」から

「自分軸」への目覚めを少しずつ遂げていくので有りました。

 

中でもすごく印象的だったのが

「古くなったものや不用品からは

もう使われなくなった古くて重いエネルギーが出る」

という言葉。

 

使われなくなったものは、もはや死体で、

それを置いているのは、墓場と一緒!という意味でした。

 

もう、これにはびっくり。

もったいない、いつか使えると思っていたものも、

自分のエネルギーを重くさせてしまっている原因に

なっていただなんてーーー!

 

これは、早速、処分しなくては!

 

そう、ものに依存しているといつまでも捨てられず、

「今の自分」に軸を戻すと

今の自分は使っているの?

今の自分にもったいないと思っているの?

と聞くと、

決まって答えは「NO」

 

そして、早速、行動に移していきました。

 

①大量の書類

トラック1台分くらい、捨てたかもしれません。

昔の書類は、古いエネルギーの塊。

想い出はいっぱいあったものの

いちいち見ないで、サヨナラすることに。

 

②大量の本

メルカリを使うことも考えたのですが

むしろ、それも手間。

バーコードを読み取って、記録して、

発送して、という処理。

その時間があれば、より効率的に仕事や

育児、家事に当てられると気持ちを切り替えて

他にも読んでいただけるような方にあげたり

やはり、超大量に処分しました。

 

これだけでも、かなりスッキリ!

 

③大量の洋服

これは、やましたさんの言葉が響きました。

洋服は、新鮮さが大事。

野菜などと一緒で、鮮度から、エネルギーをもらっている。

薬を服用するというのと同じで、

洋服は着ているだけで、

そのものからエネルギーをもらっているのよ。と。

 

うーん、、、まだ着れる、まだ使えると思ってしまいがちな洋服ですが

鮮度が落ちたものは、全て捨てることに決めました。

パジャマや下着などは、特に肌に近く、

肌からはやはり「邪気」が出るので、

それを良く吸ってくれているもの。

そういうものは、感謝の気持ちを込めて、

サヨナラすることにしました。

 

これだけでも、だいぶ、断捨離しましたが

まだまだありました。

 

④タオル類

これも、衣服と同じです。

鮮度の低いものは、雑巾にして、

新しいおろしたてのタオルを使うことに!

これも、もったいないと思っていた

私の洗脳が変わった瞬間でした。

 

⑤食器類

ここが、まだ途中ですが、

ひとまず、子供の離乳食用の食器や

可愛いと思って買った子供のカップも処分。

使えるものだけ食器棚に入れることに。

当然、古くなったタッパも捨てました。

 

次は・・・

 

⑥靴箱

靴は、やはり高価なだけあって

思い入れの深いモノ。

でも、本当に今履ける靴だけを取っておいて

あとは、順々に捨てていくことにします。

目安は、次のシーズンで使わなかったら

もう、鮮度が落ち切ったということ。

これは、洋服もバックも、しかりですね。

 

こうして、私が断捨離をしまくった結果、

どうなったかというと・・・。

 

①体が軽くなった!

→お腹がスッキリした、というのは

前回のブログでもご紹介した通り・・・

 

image

 

心も体も連動していますよね。

身体も、溜め込まない体質になるには、

やっぱり、お部屋の整理から始まっているのだと思います。

 

②子供が遊びや勉強に集中するように!

これは、私の変化と共に、なのですが、

色々と買いだめしていたドリルや

こどもチャレンジも、見つけやすくなったので

隙間時間で色々と勉強してくれるようになりました。

 

image

 

③自分の時間が増えた!

これが、一番嬉しいことかもしれません。

もう、ものに悩まされる時間が少なくなったので

自分磨きに時間をたっぷり使えるようになりました。

私の中では、大好きなタオルを、

使っているもの、そうではないもの、

に分けたのが精神的に大きかったです。



 

つらつらと書いてしまいましたが、

皆さんのお家はいかがでしょうか。

 

まだ、使っていないもの、不要なものに

囲まれていませんか?

 

私が断捨離の考えで好きなのは、

断捨離は、

「片付けられていない自分」を責めるものではありません。

と、最初に前提として言ってくれること。

そうではなくて、

ものに縛られて、自分軸を見失っている、

そんな自分を回復するためのプロセス、と

やましたさんが言ってくれているのが何よりも救われました。

 

片付けられない自分を責めるものだったら

私はもうとっくに匙を投げていたと思います。

 

image

 

こうして、家族との時間も増えて、

今は、やりたいこともさらに明確になりました。

 

皆さんも、ぜひ、

お家の空間を見直して、

そこから、自分軸を作る練習を、

してみていただけたらと思います。

 

これは、チネイザンにも通じること。

なので、私は施術やセルフチネイザンの講座の時などに

内臓の不調を整えたかったなら、

内臓の位置を元に戻すだけではなくて、

家に帰ったら一緒に断捨離もしてみて下さいね、

と伝えています。

 

image

 

今日も、皆様の、身も心も、

健康で素晴らしい状態でありますように!