10月も半ばになりましたね!


この夏も本当に暑かったですが、

急に秋本来の涼しさが襲ってきました。

うちの子も急に毛布に包まれてます♬




しかし、これでは身体が参ってしまいますよね。


かくいう我が家も急な天候の変化によって

ちびっ子が「こほこほ」と始まり

私もなんとなくいつもの体調と違うような

変化を感じる今日この頃です。

 

パワーダウンしたなあ~と思ったら

いつもよりも早く寝ること!


これは鉄則ですが・・・

 

Q:夏の疲れはどこに溜まるか?

A:はい、それは内臓に溜まるんです。

 

Q:内臓のどこに溜まりますか?

A:うーん、ひとつといえず全部ですが

主に、脾(消化器)と心(みぞおちあたり)、そして

腎に表れます。




 『出典・チネイザン入門DVDより』


おまけに秋からの対策としては、

急に空気が乾燥してくるので

肺・大腸のケアも大切になります。


これはマスクによる呼吸の疲れにも表れるので

秋こそ、肺・大腸のケアが大切になるのですよね。




 

ケアするところだらけじゃん!と思われる方、

ハイ、その通りなのです。笑

 

お腹に触れてみてください。


ふわふわで柔らかくて温かい方は

夏の疲れも蓄積していない証拠ですが

その反対は、大いに蓄積している証拠です。

 

・冷たい

・かちこち

・張ってる

・押すと痛みがある

こんな方は、少し横になって

お風呂にゆっくりと浸かって

お腹に蓄積したお疲れ物質を

流してあげてくださいネ。


 


 

2021年の冬も寒くなることが予想されています。

今から、身体を温めること、

しっかりと休養を取ることをお忘れなく・・・。

 

セルフケアこそが健康への第一歩です。

また、講座でお会いしましょう♪