あねもね29 





Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-08-07 08:45:35

まち歩きと山歩きが楽しめる甲府

テーマ:まち歩き
日曜日、夕方近くになって、愛宕山を登りました。

北口広場からは、地ビールフェストの盛り上がる声。

2度足を運びました。

あねもね29 

あねもね29 

英和口から登って十数分・・・

足元に、かぶとむしのつのを発見。

でも、よくみると、胴体がない!

$あねもね29 

何者かに食べられてしまったようです。

しっかり角と羽の硬い部分はお残ししてました。

山を下り、まちを歩くと、ギャーとヒヨドリの声。

何かが落ちてきたと、よく見ると、


$あねもね29 

ヒヨドリのひなでした。

近づくと、さらに、ギャーとヒヨドリの声。

どうやら親鳥のようです。


$あねもね29 

助けてあげることは残念ながらできませんでした。

今日の最終目的は、地ビールフェストではなく、ヴァンフォーレのテレビ観戦でした。
2012-08-07 08:25:00

登山レポ 大菩薩峠 3

テーマ:山歩き
6時30分 上日川峠着 ロッジ長兵衛近くの市営駐車場 トイレ、ストレッチをすませて、クライミング。
福ちゃん荘を過ぎて、唐松尾根を歩き、雷岩。
キャンプに来ていた中学生がいたほかは、平日だったので、人もまばら。
大菩薩嶺は、今回はパスして、賽の河原を過ぎて(この辺りで老クライマーにウスユキソウの話を聞く)、大菩薩峠着。ここまで普通は1時間35分だそうだが、今回はゆっくりめに歩く。

あねもね29 

あねもね29 


ここでトイレ。しばし休憩。
カップヌードルの汁を捨てたり、小便を外ですると、鹿のえさになってしまうのでやめましょうという表示が興味を引く。
介山荘から下山するルートではなく、熊沢山を通って、石丸峠へ抜けて、小屋平を通るルートを選択。
小金沢山への分岐あたりで昼食。


あねもね29 


今日は、2人で、レトルトの白米とスープご飯2種、アルファ米五目ごはんを半分ずつ、コーヒー。
五目ごはんは人気がないのが分かる気がした。
雲が出てきて天候が心配になったので、急いで出発。
石丸峠から、小屋平を通って、上日川峠まで約80分。
ひんやりと天然クーラーがよく効いていた。



2012-08-03 21:32:19

登山レポ 大菩薩峠 2

テーマ:山歩き
大菩薩の詳しいレポートを書く前に、初心者山登りを振り返ると、

2011年10月、雁ヶ腹摺山
2011年12月、百蔵山
2012年 5月、百蔵山
2012年 5月、大菩薩嶺・大菩薩峠
2012年 8月、大菩薩嶺・大菩薩峠・石丸峠

というわけで、山梨百名山にチャレンジしようと・・・

年明け早々に体調を崩し、運動制限があったので、5ヶ月ほど間が空いてしまいましたが、

雁ヶ腹摺山と百蔵山もよかったのですが、大菩薩は、登山したという感じがすごくする山でした。

今回は富士山がしっかり見えました。

眼下の塩山・勝沼や、甲府盆地も。



最初の雁ヶ腹摺山は、ザックは20年以上前の重たいもの、パッキングも何を持っていってよいか分からぬまま、無謀なクライミングでしたが、

少しずつ、装備を揃えるようにしました。

にもかかわらず、5月の大菩薩は、寒くて、装備の重要さをかみ締めたので、先の装備を用意した次第です。

今回2度目にして、初めて知った大菩薩の植物がありました。

事前に登山者のブログやらガイドブックをいくら調べたって載ってない!!

2000mを少し下ったところでであった初老の紳士が、「ウスユキソウ」は見ましたか?と話しかけられ、

???と知識のない私は「ごめんなさい」

なんでも、この時期にしかみられない、2000m以上にしか咲かないらしい。

初対面の方に謝る自分も何だかなあと思いますが、ウスユキソウのことをエーデルワイスを教えてくれた親切な方でした。

この方に出会えなければ、一生この花のことを知らずに人生を終えていたかもしれません。

確か見た気がする、ぐらいで、確かな記憶がないので、来年は三度登って、実物をしっかりと見たいと思います。

頂上の介山荘には、ウスユキソウのグッズがいろいろありました。

1回目の大菩薩ではまったく気がつかなかったんですけど。

2回目の紳士と出会ったおかげで、ウスユキソウというコード(解釈基準)が自分にできたんですね。






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス