不妊の心を治す「和心」① | ANDO YOSHIMI MEDIA BLOG

ANDO YOSHIMI MEDIA BLOG

あんどうよしみのOFFICIALブログ


テーマ:

不妊の心を治す「和心」①

頬笑みが共振した!




4. 安藤先生   菜々子 2014-05-10

安藤先生、はじめてコメントさせて頂きます(^^)
私は、8年前、婦人科の
不妊治療があまりに辛く、
婦人科からの帰りのバスで子供のようにボロボロと泣き、
本が好きだったので心の癒しを求めて、心の立ち寄った駅前の本屋さんで、安藤先生の本に出会い、その日からひたすら、安藤先生の本の通りに生活し、3ヶ月後に赤ちゃんを授かりました(^^)
医学に頼る前に、冷えきった自分の体に何が足りないのか、よくわかりました。
浅い呼吸をくりかえして、緊張している私に気付きました。
問題は「待てない自分」にあったこと、痛感しました。
安藤先生の本を読みはじめてから、とにかく毎日幸せをいっぱい感じる、生活に変わりました。
空に向かって手を伸ばして、
「赤ちゃん村の赤ちゃん、私はこんなに幸せです。よかったら、あなたも一緒に幸せになりませんか?あなたの入るお腹がポカポカなように、準備して待ってますから、一番来たいときに来てください」と、呼び掛けました(^^)
安藤先生の本に出会えて、とてもいい精神状態で、妊娠、出産出来たことに、本当に感謝しています!
(^^)
今も、大好きな夫と子供たちと、(二人授かりました)毎日幸せを感じながら過ごしています。

「心の飢餓」、まさにその通りですね。
穏やかな、心豊かな状態、人の気持ちを幸せにする言葉が、いつも自分の口から出る、
そんな私でいたいと、日々思います。
転んでばっかりの育児ですけど、()アハハ(*^^*)
安藤先生、いい記事をありがとうございます。

山崎菜々子



山崎菜々子さん、はじめまして。コメントをありがとう。
何だか感動的ですね。お会いしたことがないのに、こうしてお互いの気持が通じ合える。
私が本に書いたことを、あなたが実践した。
あなたは幸せを得て、その気持を私に伝えた。
あなたの、その幸福感が私に共振したのか、私までがなぜか幸福感に溢れた。


あなたの笑顔が共振した!!

私に伝わってきたこの《幸福感》って、なんて表現したらいいだろう。

ウシシ・・でもないし、アハハ・・でもないし、やった!・・でもない。

とんがった躍動感のようなものはない。

そうかと言って、「よかったね」と、淡々としたそんな感覚でもない。

目をつぶれば、会ったこともない、見たこともないあなたがいる。

なぜか、あなたは電車に乗り座席に座っている、そんな姿が脳裏に浮かぶ。

電車はコトコトと走っているが、でも、その電車の映像はない。

ただ、揺りかごみたいに、その震動は感じる。

あなたは電車の座席に座り、ただただ、笑顔を浮かべている。

それだけのことなのに、その表情がとても印象的で心に残り、いつまでも忘れない。

何て言うのかな、ニコニコ・・というのではなく、ウフフ・・でもないんだな。

とても穏やかで、《満ち足りる》表情だった。

そうすると、(自分の顔は自分で見えないのに)、なぜか、自分にもそれと同様の笑顔が浮かんでいるのがわかった。



心が「和する」と、人は頬(ほほ)が緩んで、ほほ笑みがこぼれる。
なぜ、その笑顔がそんなに印象的でいつまでも消えないのか、私は不思議でしょう
がなかった。実は、この2・3日で判明した。

(ほほえみ)だったのです。

漢字で書くと、「微笑み(ほほえみ)」、微小の笑み? いいえ、

どちらかと言うと、「頬笑み(ほほえみ)」、頬(ほほ)が緩んだその笑みなんですね。

これを、《心の豊かさ》というのでしょうか。きっとそうですね。



会ったこともないのに、不思議ね。
お互いの気持の還元して和む、これって、《和心の循環》なんですね。
おかげ様で、私はあなたのほほえみと共振して、ここの所、心急かずにやさしい心で過ごせることができました。

教えたつもりが、教えてもらいました。

本当にありがとう! 続く→



あんどうよしみ









andoyoshimiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります