肩甲骨 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

肩甲骨には17種類の筋肉が付着しています。

これだけ多くの筋肉が付着しているのは、肩関節の動きに合わせ、肩甲骨を内側に寄せたり、上に引き上げたり、様々な方向へ動かすためです。

17種類もあれば、その中から特定の筋肉のみを動かそうと思っても、必ず他の筋肉が連動して動いてしまいます。

だからある特定の筋肉が異常を引き起こしても、その筋肉だけの問題に留まる事はなく、連動して動く他の筋肉にも影響が及びます。

こうやって問題は拡大してややこしくなっていくわけです。

それが肩だけでなく、腕や背筋や、さらには足や内臓の方まで、きっかけは小さなことだとしても、身体全体どこに影響が及んでも不思議ではありません。

五十肩は50個の問題がある、それが名前の由来なんて話も耳にしたことがありますが、真偽はともかく、あながち間違いではないと思います。