歯の痛み | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

歯科治療が終わったばかりの歯が痛いという症例です。

何もしていないのに疼くということはなく、食事で物を噛むと痛みがあります。

歯だけでカチカチしても痛みはでません。

二日間痛みがありましたが、少し落ち着いてきたというタイミングで施術です。

考えられるのは歯科治療そのものが不十分だった可能性と、身体の歯以外の場所の異常が歯に影響しているということです。

前者なら歯医者に行った方が早いと思いますが、今回は歯だけでなく、歯と同側の肩の痛みもあり、さらに同側の耳に閉塞感があるということでしたので、歯以外の問題も同時に考える必要があります。

一番気になったのは、鼻筋から眉頭あたりのポイントでした。
それと、外腹斜筋という腹筋の一部が共鳴している感じでした。

鼻は歯に近い部分なので関連がありそうですが、もう一つの外腹斜筋は、何故腹筋?って思いたくなるような場所です。

しかし身体にはこういうよくわからない繋がりがあるものです。
そうなんだと受け止めて進めていくと、うまくいきますが、そこに意味を見出そうとして考えると迷宮入りすることがあります。

施術後の食事で、歯の状態に変化があれば、虫歯治療そのものは歯医者さんの見立て通り完了しているとみなしていいと思います。


虫歯で歯を削るということは、一種の刺激です。

歯は治療されるかもしれませんが、その刺激が思わぬ不具合を引き起こすことがあります。

同様に採血で調子が悪くなる人がいますが、血液を抜かれてとか、血液をみてということだけではなく、血液を採るための注射針による刺激が影響してということもあります。

そんなことで?ということが身体にマイナスに働くことがあります。