関連があるとはいうけれど、、 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

下顎には胃経という経絡が走行しています。

胃経というぐらいだから胃と顎がなんか関係があるのかな?
と推測することができるわけですが、これは実際に関連があります。

しかしだからといって必ずしも顎の問題が胃から来ているというわけでもないし、
胃が悪い原因が顎にあるというわけでもないのが難しいところです。

関連があるというだけであって、その関連がその人の身体を調整する時に優位な関連であるかということが重要になるわけです。

優位なら、胃と顎のバランスを調整したりすることで、異常は消失します。

しかし優位でなければ、ただ関連があるというだけであって、それ以上そこに踏み止まって考える必要はありませんからスルーします。

身体は繋がっているから例えば腰の異常の原因が他にあるという見方はよくされますが、問題が実際に起きている場所と、そこに関連している場所が、本当に意味のある関連性なのか、そこを考えないと無駄な刺激や遠回りすることに繋がります。

うまくいくとズバッと変化して術者患者とも互いに気持ちよく終われます。

これがなかなか難しいんですが、そういう治療をすることを日々の目標にしています。