皮膚トラブル | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

最近やたらと皮膚トラブルの話を聞きます。
多くが毛虫とかダニなどによるものみたいですが、なかなか自己判断は難しい。

小さな範囲で痒いぐらいなら様子見すると思いますが、広範囲や痒みが強いと一度病院に行った方がいいと思います。

外からの刺激に対しては、皮膚は入口として自己と外界を隔てる場所となり、言わば防衛の最前線となります。

内側から見れば皮膚は出口になりますから、入口と出口両方の役割を担っています。

だから皮膚は色々な情報を持っています。
だからいつもと違う皮膚感な時は何か変化が起きている目安になります。

子供の皮膚ががさついてきたりするのはわかりやすい例です。