旬のもの | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

今年はサンマが不漁という話題を耳にしました。

野菜もそうですが、その時期に本来取れるはずのものが、不作、不漁ということは
いつもと自然環境や、自然条件のようなものが違うということです。

そう考えると、人間の身体も本来その時期にふさわしい身体になっているはずが、思うように行っていないともいえます。

そんな時はやっぱり調子がでなかったり、いつもこの時期には引かない風邪をひいたりと、体調に違和感を感じる方も多いと思います。

旬物は身体にいいとはよくいいますが、そもそも旬のはずなのに、物がなければ食べることができません。

ただすべての旬物がマイナスという訳ではなく、逆に豊作や、時期がずれて速めや遅めの旬となるものも出てくると思います。

無い物を追い求めるではなく、その年の条件で出来たエネルギッシュなものをいただけば、それで十分食養生といえるのではないでしょうか?