シルバーカーを使った歩行 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

シルバーカーを押しながらたくさん歩いたという、両足の太もも前面がだるいという症状の患者さん。

何かやったかなと原因を考えてみたけれど、普段と違うことといえば、それぐらいとのことでした。
シルバーカーを押すと歩きやすくて、通常歩行よりも速いペースで歩いていたようです。

話しを聞いていて、いつもより速いペースのせいで疲れたのではなく、シルバーカーを使ったことが今回のだるさの原因のように感じました。

膝が伸びにくく、少し前傾傾向のある方ですが、普段からシルバーカーを使用しているわけではありません。

確かに押しながら歩くと歩きやすいのでしょうが、シルバーカーを押すために握力を用いて、シルバーカーを握りつづける必要があります。

その状態だと、上半身に力が入ります。

そのバランスで沢山歩いたことで、いつもの身体のバランスに変化が起きたのだと思います。

身体の上下のバランスです。

歩く時は腕よりも、足の方が仕事量が多いので、下半身の方に力が注がれます。

しかしシルバーカーを持つ手に力が入ったことで、逆に足元は疎かになり、いつもの歩行とは違うバランスになったということです。

補助を受け、歩きやすくなっていいのかもしれませんが、その分、いつもよりスピードアップして歩いて、いつもと違うバランスでのオーバーワークがだるさに繋がったかなと思いました。

便利な介助アイテムですが、どれぐらい頼るのか、その人にあった活かし方を考えなければいけませんね。