突指 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

先日不覚にも足の中指を突指してしまいました。

圧をかけない限り、自発痛はないので骨折まではいっていないと自己判断、色は紫色に変色していますが、見た目ほどではないと思い、できる限り普通に歩くよう心がけました。

それでも歩くとやはり痛みが出るので、どういう風に痛みを回避しながら歩こうことするか、いい機会なので観察していました。

僕は日頃、親指と人差し指の間あたりを意識して歩いているので、それをできるだけ変えないようにしていたつもりですが、痛みのせいで、どうもいつも以上に親指側に力を入れて歩いていたのか、下腿外側の腓骨筋が筋肉痛になりました。

筋肉痛になったので、それを少し感覚的に修正して、引き続きいつも通り使うように心掛けていたら、3日ほどで、痛みはもちろん、紫色だったアザも目立たないぐらいにかなり改善しました。

安静に使わないようにしていたらもっと時間がかかったと思います。


中指は五本指の中央にあたります。

この指を使いにくいことで、親指、人差し指側に力を入れて歩こうとするパターンと、薬指、小指の方へ逃げて歩こうとするパターンに分かれると思います。

推測ですが、後者のパターンになる方が多いと思います。
小指側に逃げた方が、中指への圧がかかりにくいからです。

この使い方をしていたら、今でも痛みを引きづっていたかもしれません。

出来る範囲で使った方が早く治ります。