婦人科系漢方薬 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

女性の更年期障害や、月経不順、不定愁訴に対して病院でよく処方されるのが

○加味逍遥散
○当帰芍薬散
○桂枝茯苓丸

の三つです。

症状と効果が合致するとそれなりに効果はありますが、婦人科系の問題はややこしい身体の状態になっていることが多いので、過去にこれらの漢方を飲んでいたがあまり効果を感じられなかったという人もいると思います。

効果を感じられなかった人は、一度婦人科系というくくりを、取っ払って考えてみるといいと思います。

そうすると全く婦人科系疾患で使われないような処方がピタッと当てはまることがあります。

例えば漢方の風邪薬で効果を感じることがあったりするわけです。

漢方薬は安易に長く飲んでしまいがちですが、ある程度の期間飲んでいてもあまり効果を感じられないようなら、それはより良い処方があるとみるべきです。