右と左を間違える | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

左のかかとが痛く、びっこをひくように歩いてこられた方の話しです。

かかと周囲が見た目でわかるぐらい腫れています。

しかし腫れを除けば、左右で足を見比べてみると、右足の方に違和感を感じます。

足の形の違和感、足の置き方の違和感などです。

そこで、いったん左足のことはおいて、右足を中心に分析したところ、右足のすね、前脛骨筋あたりにも腫れがありました。

そこを調整したら、左の痛みがかなり消失しました。


同じ場所が左右共に痛いということもありますが、どちらかに偏って痛みがある場合、意外にも、全く本人が気にしていない側の問題からきていることがあります。

そこに気づいてうまく処理できると、最小限の刺激で済むこともあるという事例でした。

本人が痛いといっている以上、そこに目を向けてしまうのは当然ですが、そこから引いて見ることも大事です。