身体のバランス | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。

身体のバランスとはよく言いますが、

左右の肩の高さが違う、骨盤が歪んでいる=バランスが崩れている

というわけではありません。



身体を前に倒していくと倒れそうになります。

倒れてしまっては困るので、倒れないように後ろに引っ張ろうとする力が働きます。

右に傾けていけば、これも同様に右に倒れては困るので左に引っ張って倒れないようにします。

これらの動作を日常的に人は無意識に行っています。

そうした中で培われるのがその人なりのバランスです。

だから単純に、見た目だけの傾きや偏りでバランスの良し悪しをみてしまうと、問題を大きくしてしまうことがあります。

そのバランスの取り方の偏りが著しくて、痛みがでているものは修正すればいいのですが、必ずしも左右対称にする必要はありません。

こっちのバランスの方が楽じゃない?と身体に語りかけると身体が、ちょうどいい状態に修正しようと動き出します。