身体のペース | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。


テーマ:
身体にはそれぞれの個体に合ったペースがあります。

そのペースが乱れれば、本来のペースに戻そうとする働きがあります。

これをホメオスタシスといいます。

このペースを把握できれば、そこからズレることがあれば修正するように持っていけばいいのですが、何か明確な基準がないと、修正もしようがありません。

心拍数とか血圧などは、数値化できるので、自分の基準を把握しやすいわけですが、
これを薬をなどを使ってコントロールしていると、自分の基準ではなく、医学界の定めた基準で判断してしまいます。

もし自分のペース基準が医学界の定めた基準の範疇に収まらないものだとしたら、コントロールすることで、かえって不具合が起きてしまうことも考えられます。

自分で調子がいいなと感じている人が、いつも同じ検査数値で引っかかるとしたら、それは異常なのではなく、自分にとってはそれが正常なのかもと考えてみる。

もちろん極度に高すぎる、もしくは低すぎる値は、自分で問題を感じてなくても、異常が潜んでいる場合もありますから、そこは見極めが大事です。





motoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ