読書はまじめにしない | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。


テーマ:
僕はもともとあまり活字の本を読まない人でした。

読み始めたのは二十歳より少し前だったか、それぐらいです。

一時はあれやこれやと読んでいましたが、最近また読まなくなってきました。

正確にはまじめに読まなくなってきたといった方がいいかもしれません。

以前はできる限り最後まで読むよう心がけていました。


僕も本を一冊書いていますからよくわかるのですが、本当に伝えたいところは、全体の文量からすると僅かです。

それ以外はキモの部分を伝えるための、導入部分や雑談が多いわけです。

本を読んでいると、つまりここがポイントなんだというのが、なんとなくわかるようになってきます。

書いた労力を考えると申し訳ないのですが、大事な所をサラッと読むぐらいが時間もとられないし、スッキリ理解できたり、自分で考える余地が残せるような気がします。



たまには宣伝を、ということで、僕の書いた本です。
「意識で開いて意識で治める」


motoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ