血圧の降圧目標値 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。


テーマ:
高血圧の基準値は現在

上140
下90

となっています。

それが今回改定されるようですが、この基準はこのままで新たに降圧目標値というのが設定されるとの記事を読みました。

その記事の中に、糖尿病のない人を対象に、降圧目標を上140未満の群と、上120未満の群に分け、それぞれ心筋梗塞や脳卒中の発生率や死亡率を比較したところ、120未満の方が140未満よりも発生率が低かったとありました。

心筋梗塞や脳卒中の発生率や死亡率という条件設定では確かにそういう結果が出たのだと思いますが、他の条件では?という疑問があります。

年齢とともに血圧は上がっていくといいます。血管の弾力性が損なわれていくからです。

何もせずとも上がっていくということは、その血圧が、その人の身体にとってベストな状態と考える方が自然だと思います。

たしかに必要以上に上がってしまったら、下げることも必要なことがありますが、
身体が求めている血圧の高さを下手に調整すれば、血液循環にも影響しますし、頭の方へ送り出す勢いが弱くなり、認知症などのリスクも上がるのでは?と思ってしまします。

自分はこれぐらいがちょうどいい血圧というのを知って、そこから大きくずれる時に考えるぐらいがちょうどいいのでは?と僕は思います。


motoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ