時間で痛む① | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。


テーマ:
ある時間限定で激痛が起こる。

そんな症状の人がいます。

毎日決まったように同じ時間に、目覚ましをセットしていたかのように痛み出すわけです。

色々検査したけれど、すべて異常なし。

その時間以外は、嘘のように何ともない。

このような症状の場合、考えることがいくつかあります。

まずは、変なクセがついているというパターンです。

例えばいつも朝7時に起床している人は、それが習慣になっていて、ゆっくり眠れる休みの日でも同じように7時に目が覚めたりします。

起きる時間がクセ付されているのと同じように、変な話、その時間になったら、痛みを引き起こさなくては、と脳が指令を出すなんてことも考えられます。

この場合、痛みは幻想に近いものと捉えてもいいかもしれません。

ただ、実際に痛みが起きているのにそれを幻想で片づけてしまったら、何の解決にもなりません。

痛みが起きている時間は、少なくとも何かしらの肉体的変動は必ずあります。

それをこちらで捉えて、説明し、実際に肉体を通して現時点での状態を本人に感じてもらい、現実と感覚とのすり合わせを行い意識を変えていくことが大切になっていきます。

続きます。





motoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス