基本って大事 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。


テーマ:
漢方薬にも基本があります。

気を補う(補気)の基本方剤
血を補う(補血)の基本方剤
水を補う(補液)の基本方剤

などです。

基本方剤とは多くの処方のベースになっている処方です。

例えば四物湯という処方は補血の基本方剤です。

この四物湯にあれこれ生薬を足していくと、様々な処方ができあがります。

四物湯ベースの処方はよく使われますが、基本である四物湯はあまり使われません。

何故でしょうか?

それは四物湯だけでは目的を達成できないと多くの場合考えるからです。
補血以外の要素もプラスし、もっと沢山の症状を狙い撃ちにできるようにするためです。

しかし補血をすることが、今の身体で何よりも優先して行うべきことだとしたら、まずはそれだけでいいのではないか?
と僕は考えています。

ただこれは身体の分析をしてこそ成り立つやり方です。

基本ならどんな場面にも通用するはずなんですよね。
しかしそれが通用しないということは、そもそもの土台が違っていると考えなくてはなりません。

ということで当院ではちょっと他とは違う処方の仕方をしています。








motoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス