年明けから腰痛 | ありがとう「身体」

ありがとう「身体」

なにをするにも体があってのこと。そんな体に関する役立つ情報を東洋医学のプロが発信していきます。病気は自分で治すが基本です。


テーマ:
挨拶が遅くなりましたが本年もどうぞ皆様よろしくお願いします。


年明けから腰の痛みで来院される人がとても多いです。

腰の痛みとはいえ、原因を探っていくと様々です。
内臓が関連するものもあれば、風邪がきっかけになっているものもあります。


治療で一発で痛みがゼロになればそんないいことはありません。

しかし痛みが急に始まったからといっても中には問題が根深いところにあり、時間を要する場合もあります。


そんな時は痛みをゼロにするよりも、まずは動かせるようになることを目標にやっていきます。

例えば前屈ができない人が、痛みはまだあるけれど、治療後に前屈ができるようになる。

そうすると、痛くて動かせないと思っていた認識に変化が生じてきます。

動かせることで、自らこわばらせていた筋肉の緊張も変わってきます。

そうすると、使い方が変わってきます。


痛みはどうしても、身体を緊張させこわばらせます。

その結果、変なところに力が入り、余計に治りも悪くなります。

痛いけど、動かし方によってはいけるなと認識させていくことが大事です。


痛みは正しく使っているうちにだんだんと回復してきます。






motoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス