悠とのこと

「いやいや、手なんて繋いでないから。
オレ、直をおぶって帰ったじゃん。」





ん(・∀・)??
あの飲み会の帰りだよ?
タクシーで俺んち一緒に帰ったよね?






「そうだよ。あってるよ。」






え?ほんとにあってる?
帰ってピーーーーーしたよね?
俺そんな酔ってた?ほんとにあってる?






「いや酔ってたんじゃなくて、
   靴、捨てたんじゃん。👞








、、、、あ(・∀・)←思い出した。







そう、捨てたんだった。
新しいスタートに相応しい靴を買う!つってゴミ箱に捨てたのが深夜で、もちろん店も開いてなく裸足だった。思い出した。
だからおぶって帰ってくれたのか、ありがとう。







めっちゃ美化されてたやん!
ごめんね、いい話風に書いてて。








そんな話をびわゼリー食べながらしました。






久しぶりに会うと照れるよね。
僕の照れかくしは、「あえてガンガン絡んでく」というやり方なので、抱きつきにいったんですが、いいって!早く風呂入って寝なよ。って拒否されました。うん、いつも通り!






「一緒にずっと居よう」と約束しても今までと関係は変わりませんが、今までどおり、お互いを大切にしていきたいと思います(^ω^)






これで悠とのことを書くのは終わりです。
ありがとうございました☆





 






なんで靴捨てたんやろ。
気持ちわかるようでわからんわ。
過去の自分よ。