作家 坂井あおのブログ

作家 坂井あおのブログ

    絶えず移動していく僕ら
      止まれない私たち

小説・シナリオ(ドラマ、映画、CM)・写真詩集作家、坂井あおの日々浮かんでは記憶の海に消えゆく思いを気ままに綴るブログです。

小説家・脚本家 坂井あおのブログです音譜

なんとなく、日々思うことを書いています。


テーマ:
スマホが壊れてしまい、アプリの整理とかしていて、mixiの日記を見てみた。
そしたら、愛猫メイと最後に会った日の日記が出てきた。
今でも癒してくれるメイの存在。
本当にアホで、差別なく人間すべてが大好きだったメイ。たれ目で、最後は
毛もボロボロで、ちょっとボケていたけど、本当に愛嬌たっぷりの可愛い猫だった。








よだれ






2011/12/19の日記より

昨日、夜中に実家に帰るのに、大通りから路地にはいると、道の真中を猫が一匹、こちらに向かって、歩いてきた。 

メイ? 

メイは最近、うるさく鳴くので、夜中にはあまり外に出してもらえない。 
しかも、年を取って大通りの方まではあまり来ないようになっていた。 

だから、メイかな? と思ったけど、小さくて、薄闇にまんまるい目が、 
メイだった。 

メイは野生のような顔をして、こっちを見ていたけど、私が呼ぶと、大声で鳴き始めたので、あわてて、メイをなで「メイ、大きい声でないちゃだめだよ。夜中だよ」といって、メイが鳴きやむまで、撫でたり、首をかいてあげた。 

メイはおとなしくなって、ゴロゴロとのどをならした。 
メイ、またよだれだらすかなあ、なんて思っていたけど大丈夫だった。 

私は、家に向かう。いつもなら付いてくるメイが来ないので、呼んでみたけど、メイは道路に座って、街頭でシルエットになっていた。 

メイ、メイ。 

でも、来ないから、今、外にでたばかりなのかなと思って、家の門に入った。 

でも、なんだかやっぱり気になって、外に出たら、メイの声がしたので、メイって呼んだら、メイはもっと遠くで、ゴミ捨てに出てきた近所のマンションの住人にすりよっているところだった。 

メイは、本当に誰にでもなついちゃうんだなあ。 
あ、でも、メイの友達かな。メイにも知らない世界があるんだなあ。 

なんて思い、メイを連れ帰ろうかと思ったけど、夜中だし、知らない人(多分男の人)だったし、どうせ、すぐ帰ってくるかな、と思って、家に入った。 


お父さんが起きていたので、「メイ、迎えにきたのかとおもった」と話したら、「メイはあっちまでは行かないんだけど、珍しいな」と言っていた。 

メイは、すぐ外にでたがるけど、寒いとすぐ帰ってくる。 

でも、昨夜、メイは帰ってこなかった。 
いつまでたっても、帰ってこなかった。 


道の中央をゆっくりと歩いてきたメイに、本当に偶然、ばったり会って、メイを撫でた私が、メイを見た最後になった。 

メイはもう帰ってこないのかな。 
メイは22,3歳くらいの、そうとうな年だ。 
猫は、死ぬ時は人に見えない場所へ行くという。 

サンタも、そうだった。 
サンタは実家が引っ越す時、物置を動かすと、小さな骨になって出てきた。 
サンタかどうかはわかならいけど、たぶん、そうだと思う。 

メイは、どこに行ったんだろう? 

メイを家から「外へ出たい」と鳴いて鳴いてうるさいので追いだしたお父さん。 
自分の部屋にいて、メイが知らないうちにいなくなってしまったお母さん。 
そして、最後にメイに遭遇した私。 

みんな、言葉にできない思いを抱えて、もしかしたら帰ってくるかも。 
いや、もうきっと帰ってこない。 
そんな思いに頭を支配されている。 


メイ。 
あの時、メイはもう心を決めていたの? 
私が歩いてきた時、メイはびっくりしていた? 

私が家の前で呼んだ時、メイは迷っていたの? 家に戻ろうかって 

でも、きっと私がメイを抱きかかえて、家に帰っても、メイは数日中には出て行ったのかな? 

メイ、あの真ん丸な目で、小さくて、より小さくなっていて、毛ももうずいぶんとぼろぼろで、でも、夏を乗り越えたメイ。 

誰にでも懐いてしまうメイ。 
人が大好きでしかたのないメイ。 
それでも、メイは人の目の届かない場所へいったのかな? 


実家からの帰り、ずっと考えていた。 
もし、メイが最後の時を感じて、歩いていたのだとしたら、猫ってすごい。 
人間には、なかなか自分の人生の終わりを見極めることができない。 
それはだれにも平等にやってくる可能性だけど、でも、たいていの人は、その時を見極められずに、終わる。 

猫はすごいな。 
あの甘えん坊のメイも、あんな風に凛とした顔で、冬の夜の道を歩いていた。 
メイ、でも、やっぱりね、さみしいよ。 
メイ、ひょっこり帰ってくるんじゃないのかなあ? 


でも、もう本当に長生きだったから、疲れちゃったのなら、ゆっくり眠ってね。メイ。 

私は小さい頃から猫が好きで好きで、まさかサンタとメイと暮らせるとは思ってなかった。 
すごいうれしかった。かわいかった。 
大人になってからは、たまにしか会えなくて、連れていけなかったけど、でも、メイに会いたくて、実家に帰ることもあったんだよ。 

引っ越した時、メイは3日間、行方不明になって、あの時はすんごい泣いた。 
でも、メイはずっとふろがまの下でおびえてたんだよね。 
今、メイはどこにいるんだろう? 
人間のエゴでメイをどうこうはできない。メイの意思でそうしたならしかたない。 

でも、ちゃんと顔みたかったなあ。明るい場所で。 

メイ、寒くなかったかなあ。

テーマ:

変化は突然やってくる。
押し出されるように。

はじめはショックだった。
けど、
何かが始まる気がしてる。

留まらず色を変えて。
雨に艶やかな紫陽花のように。

やってきたことを
認めてくれるひともいる。
これまでも。これからも。


変化を恐れず進めそうです。

テーマ:
昨日は家のことや仕事を夕方までやって、
日暮れ頃に散歩に出た。




久しぶりに自分らしい時間。
ふらふらと写真を撮りながら歩いて、
小さな私鉄の駅の屋上にできた庭へ上がると、
おのおのベンチで本を読んだり、
おしゃべりしてる人たちがいて、
暮れていく空と富士山のシルエットと、
灯り始めた町明かりがきれいで、
同じように写真を撮ってる人がいたり、
誰かを待ってるみたいな人がいたり、
なんかいいなーと思った。



毎日、遊びや仕事や家のことで忙しいけど、
だからこそ、たまにあるこういう時間が
贅沢に思えるんだろうな。


駅の本屋で尊敬する脚本家・木皿泉さんの新刊を買う。
木皿さんはうるさい電波的な連絡が嫌になったから、
「何かあったら手紙をください」と住所を教えてくれたきり、
家も引っ越して、電話も解約してしまった。

「何かあったら」がないので、
あれからすっかり御無沙汰している。
お元気でしょうか?


木皿泉「さざなみのよる」 
哀しいのにほっこりする話。
大事に読みたいのに、読み止められない。
いい本です。

テーマ:

新年度。

ちょっと心は追いついてない。
季節の進み方がちょっと変。


池から冒険している鴨を発見。
好奇心に動かされて、常識の枠を飛び出す。
何か見つかった?

何かを探したまま戻れなくなって、
常識の枠の外がいつの間にか
私の居場所になっていた。

テーマ:

風は時間をかんじさせる。

私と言う存在はとても限定されていて、
出会える人は一握り。

そして、その誰かとも、
いつの間にか遠退いて、
もう会えなくなったりしている。

さよならも言わずに。

だから今も繋がっている人は、
奇跡のようにそこにいる。

会えなくなった人々も
出会えてよかった。


限られたところで、
風に吹かれている。

また誰かと離れていくことも、
また誰かに会えることも、
あるんだろう。

離したくない手だけは、
絶対に離さないようにしなければ。

テーマ:
情報が多すぎる。
予定が多すぎる。
やりたいことがありすぎる。
行きたいところがありすぎる。
花粉が飛びすぎている。
時間が早すぎる。

シンプルでいたいのに、
複雑になりすぎる。

混沌。許容オーバー。
それでも、止まってはくれない。
飲み込まれながも、今日に立つ。

テーマ:


少し前の話になりますが、月蝕を見ました。
自分の星を外から見ることはできませんが、
月にこの星の影があるのを見ることができました。

人は他者がいて己をより知ることができる。
月にうつるこの星の影には、
自分もあの子もみんなが入ってる。

人間界系は難しくて面白くて、
心のざわめきに己を知るのです。


誰かが期待してくれると、
頑張ってしまう自分もいるし、
自分のことを見ててくれないと、
ひねくれてしまう愚かな自分もまだいるのです。


このままではいけない。
今がすきなだけじゃ、不安になるのはなんでたろう?

テーマ:


12月の半ばに、97才の祖母が他界しました。
私が実家に戻った日の夜中でした。

実家に戻った私は、眠り続ける祖母の手を取り、
祖母から聞いた祖母の小さい頃の話や故郷のこと、私との思い出を、ずっと話して聞かせていました。

そして、「おばあちゃんが話してくれたこと、全部私が覚えてるから、安心してね。大好きだよ、おばあちゃん」と呼び掛け続けました。

覚えてるからと言ったのは、認知症が始まり、不安を覚えていた祖母に安心してもらおうと言ったことで、まさかそのまま永遠の眠りにつくとは思っていませんでした。

結果的に、亡くなるおばあちゃんへの誓いのようになりました。

訪問看護師さんは、耳は聞こえているから、と言っていたので、私の言葉がおばあちゃんに届いていて、少しは安心していけたのならいいなと思います。
確かめようもないけれど。

訪問看護師さんと一緒に、おばあちゃんを綺麗に拭いて、浴衣に着替えさせてもらいました。
整えると、まるで微笑んでいるようないつもの顔で、とても亡くなったとは思えなかった。

あまりにも可愛いから、その後も何度も何度も見てしまうくらいでした。

火葬したあとも、この年齢とは思えないほどの立派な骨がたくさん残っていて、焼かれてもなお、驚かされる祖母でした。

身近な人の死であり、最期の身支度をしたことは、私のなかに何か大きなものを残しました。

それが何かはまだわからないけれど、とても大きな大切な何かです。

おばあちゃん、長い間お疲れ様。
大好きだよ。
たくさん、ありがとう。


年の瀬に、東京にほんの少しだけ雪が降りました。



お世話になったみなさんに感謝して、戻ることのできない時の門を、またひとつ潜ろうとしています。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.