あなたの職業がいい

テーマ:
今回「すごくいいと思っていた人」から交際終了を告げられた事で、色んな事が見えてきました。
「終わった人の事を未練がましく書いて…」
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、よろしければお付き合いくださいニコニコ

私はこの男性を安易に逃してはいけない、と考えていました。
それには理由がありまして、私の職業の人がいいと言うのです。
私が選ばれない理由には、特殊な職業である事も大きいと思っていたので、何ていい人なんだ!と感激しましてねおねがい

私の職業は詳しく書けないのが残念ですが
・自分が商品(なんて書くと芸能人みたいで大げさですね。しかし、自営自由業の方はそういう部分があるはず)
・そのため、常に技術を磨いておかねばならず、収入の割に投資額も大きい
・しかし仕事として安定するのはなかなか大変

…などと異次元の世界過ぎて躊躇される事が多いのです。
お相手に私の仕事を丁寧に説明して、それでも分かって頂く事が難しいのは常に覚悟の上です。

それが躊躇どころか「その職業の人を支え、応援するような関係が理想なんです」と言われ、これは滅多にない人材が現れた!と思ったのですよね拍手

しかし、どんな職業でもそうだと思いますが、その道で稼げるようになるには、やはり努力が必要。
それほど才能がない私も専門職でいられるのは自分の必死の努力と、まわりの理解や巡り合わせなどで今があるのです。
しかもそれも安泰ではないという世界…。

この男性の「応援したい」という言葉は私にとってものすごく嬉しかったけど、ご本人はそういう厳しい背景まではあまり考えていなかったのかもしれません。
厄介な事に一見華やかに見える職種なので、もっとほんわか優しい人柄を私に期待していたのかもしれませんね。

それが何だか私から予想外のエネルギーが出ちゃってた(自分はそんなに主張してたつもりはないですが、感じ取ったのでしょう)ので、デートではビックリして気疲れしちゃったのではないでしょうかね。

私の仕事を分かってくれそうな人で、こちらも過度に期待してしまったけど、安易に「あなたの職業がいい」なんて言わない人の方が思慮深いのかも。

だいたいその職業でありさえすれば、仕事と言えない程度でも、頑張ってキャリアを積んでても、何でもいいって事かしらもやもや
優しい人だと思ってたけど、ちょっと考えが浅いわねえー

今回も勉強になりました!
さ、次行ってみましょー口笛

AD