かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:

 歴史小説の巻頭の見開きページなんかに、「 ジンギスカン ユーラシア大陸侵攻図 」 とか、「 砂漠の狐 ロンメル軍団 北アフリカの戦い 」 といった感じで、曲がりくねった矢印が記されている地図がありますよね。

昔から、あれを眺めながらいろいろ妄想するのが好きです。



3/21 Fri.

 羽田-(モノレール)-浜松町-(みどり)-渋谷     ¥660

 渋谷-(みどり)-新宿-(おれんじ)-高円寺      ¥160

 高円寺-(おれんじ)-お茶の水-(きいろ)-平井   ¥380

 平井-(きいろ)-新宿                    ¥290

 新宿-(みどり)-恵比寿                   ¥150


3/22 Sat.

 広尾-築地                           ¥190

 東銀座-銀座-溜池山王-六本木一丁目        ¥160

 六本木一丁目-小川町                    ¥160 *

 小川町-大島                          ¥210 *

 大島-本八幡                          ¥370 *

 本八幡-西船橋                        ¥ ?  *

 西船橋-南船橋-海浜幕張                 ¥210

 海浜幕張-新木場                       ¥380

 新木場-代々木                        ¥540

 代々木-麻布十番                       ¥210

 麻布~六本木~広尾                      徒歩


3/23 Sun.

 恵比寿~代官山~渋谷                    徒歩

 渋谷-代官山                          ¥120

 代官山→恵比寿 (タクシー)                ¥710

 恵比寿-六本木                        ¥160

 六本木→赤坂 (タクシー)                  ¥710

 赤坂見附-銀座                        ¥160

 有楽町-浜松町                        ¥130

 浜松町-羽田                          ¥470



 *印の部分の切符代は、ちょっとわからなくなりました。

私としては乗り継ぎできるはずの切符が改札機に吸い込まれたまま出てこなかったり、次の改札機が受け付けてくれなかったりして、余分にお金を払わねばならず悔しかったです。


 JR、地下鉄、りんかい線、東急を使用しているはずですけど、何がナンだかわかっていないので、まあ仕方がないですね。


 切符売場の前や駅のホームで私の質問に答えてくれた女性のみなさん、どうもお世話になりました。

何もお礼ができませんが、アナタはその瞬間の私の視界の中でイチバンのトーキョー美人であった事実をせめてお伝えしておきます。


 で、この交通費の合計を算出してみると・・・¥5,660+不明分!

おお、結構いってますねえ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 最後に帝国ホテルのパン屋さん 「 ガルガンチュア 」 をのぞいて、浜松町の駅で世話になった友人と別れ、帰途につきました。


           
       200803231532000.jpg



 まさに疾風怒濤と呼ぶにふさわしい、トーキョー2泊3日の旅でした。

思い残す事はなにもありません。


 歩くか、電車に乗るか、疲れて死んだように眠るか以外の時間には、常に何かを口に詰め込み続けていたように思います。


 ああ~、楽しかったー!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 珈琲屋の間での超有名店です。

今回の巡礼の最後は、このお店で締める事になりました。


 私が師匠に教わったのは、古き良き日本の喫茶店黄金時代の、いわゆる 「 粗挽きネルドリップ 」 なのですが、日本にその方法を広めたのが、ここのお店なのだそうです。


 日曜日の銀座は中央通が歩行者天国になっていて、広い道路の真ん中を歩くのは爽快な気分でした。

そして、そんな賑やかな通りからちょっと裏道に入った所に、このメッカのようなお店はありました。


  
       200803231359000.jpg



 そしてここでも私はコロンビアを注文しました。

今回まわった全てのお店で飲んだのが、私が師匠に一番鍛えられ、そして現在アンチョビ・ブレンドの中核となっているこの珈琲、コロンビア・スプレモです。


 非常に興味深かったのは、このお店では、オールド・クロップといって、何年も定温定湿度で寝かせた古い珈琲豆を焙煎したコーヒーが飲めることでした。


 そして私が2杯目に飲んだのは、1970年もののコロンビアでした。

それは私が生まれた年でもあるのです。


 ・・・なんというか、不思議な味の珈琲でした。

もうね、上手く言葉に出来ません。

美味しいとか、美味しくないとかいうのとは別の、フシギ~な味がするんです。

歳月を経てカドの取れた酸味だけが残っていて、なんかもう別の飲み物になっているんですよね。

珈琲というよりも、アラビアの魔法のクスリを飲んだ気分でした。


 やっぱり、珈琲は本来ドラッグの一種なのだとあらためて思いました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

           
       200803231249000.jpg



 トーキョーでの最後の食事は、友人がどうしても連れて行きたかったらしい、ここのお店でした。

「 雪濃湯 」 という名の、牛スジ肉のスープを食べました。

お店のテレビでは面白そうな韓国の番組が流れていて、友人が絶賛するスープよりも、そちらの方にばかり意識がいってしまいました。

( ゴメン、友よ・・・もう名前の読み方も忘れてしまったよ。)


 この赤坂という街にも、なんだか独特の雰囲気がありますね。

お昼どきの飲み屋街を歩いたのですが、ハングル文字の看板と、黒いスーツを着たコワそうなヒトたちばかりが目につきました。


 なんでもこのお店は24時間営業らしくて、夜のお店がハネる深夜には、仕事帰りのキレイな韓国の夜のオネーさんたちがお客さんと連れ立ってやって来て、スゴく面白い雰囲気になるんだそうです。

 うーん、それが観たかったです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

       200803231143000.jpg


 

 一緒に働いていた菓子職人が、トーキョー行くなら是非見ておいた方がいい、と薦めてくれたお店です。


 カフェ・アンチョビというのも相当イカレた店名のように思っていましたが、コレもどうなんですかねえ?

はなからお客さんに店名を憶えてもらおうという気がないような感じですけど…。


 「 売れてる店ではなくて、こだわりの頑固なお店 」


というのが、友達の菓子職人のコメントで、実際に行ってみてビックリしました。


 私の洋菓子に関する知識と能力はそれはもうお粗末なものなのですが、それでもショーケースを眺めてみて、この生菓子たちにどれほどの情熱と作業量が注がれているかはイヤと言うほど思い知らされるような、素晴らしいお店でした。

 値段もビックリでしたけど。


 買ったのはパウンドケーキですが、この味がまた感動モノでした。


 これは私の勝手な思い込みかもしれませんが、口にした時の感動の大きさという点に限れば、甘いお菓子に優るものはないような気がします。


 いや、ホントすごかったです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は友人も休みが取れたようで、朝から街歩きに付き合ってもらいました。


 私はお遍路さんで四国一周したくらいですから歩くのには相当の自信があるのですけれども、こっちのヒトもすごいですね。

最近ナマっている私は、これまでの2日の街歩きで正直ふくらはぎがパンパンになっていました。

そして、ボクシングのトレーニングでロードワークを欠かしていない友人が、これまたすたすた歩くんですよ。

酒飲んだ帰りもかなり歩いたしなあ…。


 でも、日曜朝のトーキョー散歩っていうのも、これまたイイ感じですねえ。

今日は特にいいお天気で、まだ人気がない午前中の都会の街を堪能する事が出来ました。


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 麻布のピザ屋さんを出ると目の前にでかいビルがあって、それが六本木ヒルズだというので、たいがい酔っ払っていた私は友人たちにてっぺんに連れて行けと駄々をこねて皆で行ってみましたが、展望台へ登れるのは10時だか11時だかまでで、願いはかないませんでした。


 代わりに連れて行かれたのが夜の六本木の街です。

アレもまたスゴいトコロでした。

10年前くらいの私ならば小躍りして喜んだであろうあの無国籍で猥雑な雰囲気なのですが、今回はちょっと自分の老いを感じてしまいました。

いや、ちょっともう、無理・・・。


 今回都合のつかなかった同級生は、この街のど真ん中で歯科クリニックを開業しているというので、皆でゾロゾロとその看板を見上げてきました。


 やれやれ、高校を卒業して20年、ミンナ都会ですごい事になってんのね・・・。


 その後イタリア資本のカフェのソファでぐったりとしながらまわりのテーブルの様子を観察して、もう腹一杯で何も食いたくない と言う私を皆で無理矢理ラーメン屋に連れて行き、すんごいドロドロしたラーメンを食べさせられてこの夜はお開きになりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
200803222208000.jpg

 代々木のジャズバーから、麻布に移動して サヴォイ でピザを食べました。


 マルゲリータとマリナーナという正統派ど真ん中の2種類のみのメニューを、石釜でさっと焼いた素晴らしいピザでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
200803221650000.jpg


 お次はボクシング観戦です。

私が東京滞在中に居候させてもらっている同級生の友人は、ボクシングジムに通っていて、その関係でチケットがあるのだそうでした。


 大島の小さなコーヒー屋さんで話が盛り上がってしまっている間に、こちらではセミファイナルまでの試合が終わってしまっていましたが、なんと友人はそのセミファイナルでは選手のセコンドについていたそうで、私が会場に入った時には関係者用のパスポートを首からさげて、白いスタッフ用のパーカーを着ていました。

訳がわかりません。

 で、ようやく一試合だけ観れたのが、亀田の、にいちゃんの試合。

 ・・・・・・。

 ・・・う~ん?


 私はその昔かなりマニアックなプロレス・ファンで、けっこうな回数のプロレス会場通いをしていましたけれども、この試合は、・・・・・・うーん。



 試合の後、もう一人の同級生が合流するというので代々木に移動しました。

今度はジャズ・クラブで出演している知り合いの演奏を聴くのだそうです。


 一体友人は東京でどんな生活を送っているのか、ちょっと私の想像を絶しています・・・。


 



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
200803221417000.jpg

 えーと、江東区です。
 皆さんまるで地底人のように自由自在に地下鉄の乗り継ぎをしていますが、、私は乗り換えの度に表示板とにらめっこです。

 商店街にある珈琲屋さん、カウンター席が5席です。
男っぽくて硬派な感じのお店で、私はこの雰囲気大好きです。

 ここの焙煎機は私のものと全くの同型で、マスターにはいろいろと普段の焙煎の疑問や悩みを相談する事ができて、ヒジョーに勉強になりました。

 お客さんも皆さん珈琲好きな常連さんのようで、珈琲談義に花が咲き楽しかったです。

 珈琲屋は、もともとはこのような男のサロン的な役割だったのだと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。