かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:
 増税には賛成なので先の不信任決議は欠席しといて、でも「近いうちに」解散する っていう言質があいまいなので問責決議とか、あまりにカッコ悪いですよ・・・。

 大体、国民との約束をまったく守らない党が、野党との約束を守る訳がないじゃないですか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



ニュースではよく耳にするのですが、ついに現場に遭遇しました!



Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

んんん~~??

この場合、この「生」っていうのは、何を指しているんでしょうか?







Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



私が一枚だけ持っている我が軍勢の旗差物が、おうちの前にひるがえっています。

多分、ほとんどのヒトには、なにがなんだかわからないはず。

さあ、「おうちカフェ」二日目始まりますよー。

昨日も、私が想像していたよりずっと盛況なおきゃくさんの入りでした。こりゃ楽しいや!



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 これは、押し寄せる近代化の波と共に人生の目標を失った二人の中年男性の、魂の再生の物語である。


 昭和57(1982)年 宮崎県宮崎市 

 高度経済成長と共に肥大する南九州の地方都市の、郊外の里山を削り取って造成された新興住宅地に、二人の少年が住んでいた。
 11歳の彼らが通う市立小学校は、国鉄日豊本線のすぐ脇の、埋め立てられた農業用貯水池の上に建っていた。
 ふたりは、ほぼ強制的に参加させられる地区のソフトボールチームでイヤイヤ練習をしたり、校庭で裸足でサッカーボールを蹴ったり、近くの汚い小川でのえさ釣りに飽き飽きして高価でとうてい手の届かないピカピカのルアーを欲しがったり、Tシャツにはナイキかアディダスのマークが入っていないとイヤだと駄々をこねたり、爆音をたてながら宮崎空港に着陸するジェット旅客機を口をあけて仰ぎ見たり、つまりは周りの他の男の子らとなんらかわることのない、当時のごく平凡な少年ではあったが、一方で、明らかにチョット異様でアレな感じの子どもでもあった。

 ひとりは、校舎のすぐ裏の線路を列車が通り過ぎる度に、授業中であろうが何であろうが、

 「新大阪発都城行寝台特急彗星通過!!!!!」

と、発着地、列車名、通過時刻全てを暗記しているその知識を奇声を上げて叫ばずにはおられなかったし、

 ひとりは、なけなしの乏しい小遣いをはたいて、記載情報にまったく変更のないはずなのに毎月発行される「全国国鉄列車時刻表」を、団地のバス停の前の本屋で毎月買わずにはおられなかった。

 そして、ふたりは示し合わせては、何が面白いのか、子供用5段変則自転車で最寄り駅南宮崎駅に行き、そこから大淀川を渡って隣駅宮崎駅までのホンの3,4分のひと駅分の列車の旅を幾度となく繰り返し、車掌の鼻にかかった到着アナウンスを丸覚えしたり、駅の構内に置いてあるスタンプを学校のノートにベタベタ押しまくったりしては悦に浸っていた。
 記憶が薄れているが、当時の南宮崎-宮崎間の運賃は、小学生は半額の60円ではなかったかと思う・・・。

 小学校の卒業文集には、「国鉄総裁になる」、「駅長になる」と、それぞれの壮大な野望が記されている。

 ・・・が、しかし、時代はそれを許さなかった。


 昭和62年4月1日、日本国有鉄道分割民営化


 ふたりの少年が、17歳になろうとする春のことであった。



 そして、時は流れ・・・

 高度経済成長の終焉、バブルの崩壊、世紀末の暗い世相、阪神淡路大震災、オウム地下鉄サリン事件、「失われた10年」、リーマンショック、東日本大震災、東京電力福島第一原発事故、・・・・・・

 ふたりの少年は、その時代の荒波の中を、もがきながらもなんとか生き抜いていた。
 ふたりのそれぞれは、ある意味ではふたりのそれぞれが思い描くイメージを自己実現し、紆余曲折を経ながらも、結局は生まれ育ったかつての新興住宅地で、しかしお互いの姿を目に留めることなく、それぞれにそれぞれの人生のレールの上をひた走っていた。

 しかしある日、分岐した線路が何百マイルもの異なる軌跡を描きながらもやがてはまた合流するかのごとく、ガチャリとポイントが切り替えられる日を迎えるのである。

 高校の同窓会のクラス幹事会、という、いってしまえばごくごく当たり前のきっかけにより、近所に住むふたりはようやく再会を果たした。

 そして、仕事で遅れてきて座敷の引き戸を開けた国鉄総裁と、お好み焼きを箸で口に運んでいたローカル線駅長とは、かつては存在しなかったふたつの眼鏡のレンズ越しに、かつてお互いのそこにたしかに感じていた狂気の炎のきらめきを、瞳の奥底に一瞬にして確認しあったのである。

 おおおおー! 久しぶり!

 おおおおー! まだ鉄道模型、持ってる?

 それが、再会のあいさつであった。


 不動産会社社長と自家焙煎珈琲屋店主のふたりは、30年の時を経て二重連結機関車の車両編成を組み、今まさに走り出そうとしている・・・。

未設定




 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



 さああ! 今日の仕事はパワー全開ですよ!

 明日明後日は、お盆休みのおきゃくさんを当てこんでスーパーでの試飲販売2連戦、今夜は、大渋滞で日曜夜の同窓会に間に合わなかったクラスメイトを囲む会です。

 


Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ロンドンオリンピックも後半戦ですね。

 陸上競技の女子選手、水着みたいなウェアからのぞく腹筋がバキバキで、とても素敵です。

 で、ここで疑問が浮かびます。

 女性があそこまでギリギリの露出の格好をするのには、何かスポーツ力学的な理由があると思うのですが、それならば男子選手はいっそ上半身ハダカにゼッケンだけでよさそうなものなのに、こちらは皆、いわゆる「ランニング」シャツを着てますよね。

 ・・・なんで???


Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




 このカップが、私が持ってるヤツの中で一番古いと思います。

 ばあちゃんが死んで、家を取り壊す事になった時に、私がもらったのが、このカップと、ねじまき式の柱時計でした。

 お盆ですねえ…。



Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

ジャンル人気記事ランキング アラフォー女子ジャンル

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。