母について困ること1、からの吉岡里帆1・前。 | anchandays~つぶったぁ~

anchandays~つぶったぁ~

Twitter化しておりますので

ツブッターって感じかな(ノ∀`*)


テーマ:
御食事中の方、御食事直前の方は、ごめんなさいね、さようなりぃ(´ー`)/~~まったにぃ



♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡




母は着替えも面倒になり・・・なんぼでも着たり脱いだりしたくないわけです(ノД`)


朝になると部屋着のズボンを「このまま穿いて行ってもいいよね」と必ず言いますorz


寝ているときも穿いているので2日、酷いときは1日でオシッコ臭くなるんだぁ(TдT)


ので、デイサービスで入浴し脱いで来た物と一緒に洗濯しています(*σ´ェ`)σ


母は10年以上前に風邪を引き、声が出なくなったときから嗅覚が駄目になってしまったようで臭いがわかりません( *´д)/(´д`、)


お漏らししたパッドやオムツも、かなぁり臭うのですが全く臭わないらしくorzある意味羨ましい


そっ、ワンコ並みに?鼻がいいつぶあんには地獄のようでして、いつも「鼻曲がり署」と呟いております(*´Д`)太陽に吠えろ!!


寝ているときのトレーナーもまた、で御座いまして(´Д`)脱がないでその上にセーター着ようとすんの・・・


「部屋着とお出掛け用はちゃんと分けないと駄目だよ?そんなだらしないことしないよ?」と毎回おんなじことを返しています(-ω-。)


お洒落さん何処行ったぁ?


こんなに変わる?変わるもんなんだよ、ん。めっちゃ悲しくなるよ。これが現実・・・




@CMのメガネ里帆ちゃんが可愛過ぎる件

吉岡里帆が告白「落語家を目指していた時代」

昨年に引き続き、ドラマにCMに大ブレイク中の女優・吉岡里帆さんは生粋の「テレビっ子」だった! てれびのスキマさんによるインタビュー前編では、紅白歌合戦体験談から落語家を目指していた“秘密の履歴書”までをお伺いしました! (全3回 #2,#3に続く)

吉岡里帆さん 緑山スタジオで取材に応じてくれました

「高橋一生さんと吉岡さんは終始映っていると思いますので」

―― 『紅白歌合戦』のゲスト審査員、お疲れ様でした。『紅白』はどうでしたか?

吉岡 やっぱりすごく感動しましたね。親戚のみんなが喜んでくれて。すごくおめでたい仕事だなと思いました。みんなが観てくれてるというのは、冥利に尽きる感じがあって楽しかったです。2017年にお世話になったアーティストさん達のパフォーマンスを見ることができて幸せでした。

―― ずーっと映る、すごく大変な席に座られていて(笑)。

吉岡 そうなんですよ! 当日、「審査員席がちょっと昨年とは変更になりまして」という説明があって、「高橋一生さんと吉岡さんは終始映っていると思いますので、気を引き締めていきましょう」みたいに言われて(笑)。

―― 当日!

吉岡 えっ? みたいな(笑)。私はお客さん目線で見れるから楽しみだなぁと思ってたんですけど、すごくガチガチに緊張してました。

―― お正月は休めたんですか。

吉岡 はい、31日が『紅白』だったので、お正月は、おばあちゃんとお母さんと東京に招待して、一緒に年越しを東京で過ごしました。その後みんな一緒に京都の実家に帰って、親戚一同、家族で集まって、みんなでお祝いしました。

 

「パジャマでおじゃま」に出たかった

―― それでは、子供の頃のお話を聞きたいんですけれども、そもそもテレビって好きでしたか?

吉岡 好きでした! うちはテレビを観てるほうだったと思います。

―― 最初に記憶しているテレビって何ですか。

吉岡 やっぱり『おかあさんといっしょ』ですね(笑)。「はみがきできるもん」とか、パジャマを着る……、

―― 「パジャマでおじゃま」?

吉岡 そうそう、「パジャマでおじゃま」。あれに出たくて出たくて(笑)。めちゃくちゃ早くパジャマに着替えるっていうのを、お母さんにアピールしていました。

―― あはは。

吉岡 私の方が絶対あの子より早く着替えられる! みたいな。

吉岡さん初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』の1シーンより。1月16日TBS系でスタート

ふすまのスキマから『ウルルン滞在記』

―― 小学校の頃は?

吉岡 私は映画がとても好きだったので、『金曜ロードショー』がテッパンで、家族みんなで観てました。当時は色々ありましたよね、夜に映画を放送するのが。

―― ありましたね。『ゴールデン洋画劇場』とか。

吉岡 あぁそう、『ゴールデン洋画劇場』は弟とワクワクしながら観てました。

―― 『刑事コロンボ』とかよくやってましたね。

吉岡 そう、『コロンボ』! 『ターミネーター』とか、あとあれですよやっぱり、『酔拳』。

―― ジャッキー・チェン。

吉岡 そう、ジャッキー・チェン。アクション映画は弟とワイワイ言いながら観てた記憶があります。あと大好きだったのが、『ウルルン滞在記』。もう昔から『ウルルン』大好きで。でもあれって確か夜9時か10時でしたよね、放送が。

 

―― 日曜夜10時ですね。

吉岡 小学生が観るには遅い時間で。親が9時には寝かせたがっていたので、私は寝室に行かされるんですけど、ふすまのスキマから開けてこっそり観てました。

―― 隙間から(笑)。

吉岡 今回出演するドラマ『きみが心に棲みついた』で共演してる桐谷健太さんや向井理さんも出演されていたんですよ。だから私、絶対リアルタイムで観てるんですよ、お二人が「滞在」しているのを! あの番組に出られたなんて、すっごい羨ましくて! 撮影の空き時間は『ウルルン』の話を沢山聞きました。『ウルルン』がなくなるって聞いた時に、私も行きたかったーって絶望したくらい大好きな番組でした。

―― 観るだけじゃなくて、自分が行きたかったんですね(笑)。

吉岡 特に過酷な回が好きでした。東南アジアとか、サファリ系の場所とかいいなぁって。

『ビューティー7』っていうドラマがすっごい好きだったんです

―― 中学の頃はそんなテレビを観てましたか?

吉岡 『あいのり』が人気でしたね。次の日、「観た?」って絶対学校で話題になって。「総理」がどうしたとか、「ゴキ」がどうだとか。

 

―― ドラマは観てましたか?

吉岡 『ケイゾク』です! 堤(幸彦)監督が好きで。『SPEC』が始まった時も、『ケイゾク』の続編って聞いて、もうワクワクして観ましたね。あの加瀬亮さんと戸田恵梨香さんのコンビが大好きで。それから『TRICK』は家族でみんなで観ていたシリーズのひとつです。

―― 家族みんなで!

吉岡 うちは父親がすごく忙しい人だったので、土日にディズニーランドに行くとか温泉に行くとか、そういう休日があまり過ごせなかったんです。その代わり、夜にお父さんが帰ってきたら一緒に『金曜ロードショー』や『ゴールデン洋画劇場』を観たり、ドラマ観たりするのが、家族で過ごす大切な時間だったんです。家族ってもちろん世代はバラバラだけど、それでも一緒に楽しめるからいいですよね。家族が仲良くいられるためのツールだったかもしれないです。 

―― ああ、なるほど。

吉岡 それから『ビューティー7』っていうドラマがすっごい好きだったんです。7人のエステティシャンを目指す見習いの子たちを、主演の桃井かおりさんが育てるというストーリー。私は毎週欠かさず録画して観てました。『HERO』もVHSに全部録画して、何回もすり減るぐらい観てました。ドラマ以外だと『プロジェクトX』とか、『情熱大陸』とか、ドキュメンタリー系もすごい好きです。

 

―― それは子供の頃から?

吉岡 そうです。たぶん両親が好きだからしょっちゅう一緒に観てたんです。特に、職人さんの生きざまみたいなドキュメンタリーが好きです。ひとつのことにストイックに、真っ直ぐ打ち込むという姿は、テレビで観るとより感化される気がするんです。私も頑張ろうみたいに。だから今だと、『情熱大陸』の次の日は、やたらやる気が出てます(笑)。

―― そのお話はストイックな吉岡里帆さんの姿に繋がるようですけど、お父様は熱い人なんですってね。

吉岡 物事に対して真摯に向き合っていくべきだっていう考えが強い人です。その分、優しい人でもあるんですけど。

つぶあんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。