燕の巣 Beauty & Health

燕の巣 Beauty & Health

燕の巣エキスの専門メーカー美津村(株)が「燕の巣」についての美容健康法のほか、日々の情報をお伝えします。



$燕の巣 Beauty & Health


燕の巣エキス一筋 美・津・村
老若男女の健康と美容をサポートして18年
「認知症」「加齢黄班変性症」などの
予防や進行抑制など近年の高齢化社会にも貢献する
美津村燕窩エキス研究所
真に喜んでいただける健康美容食品をお届けしています
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
2014年12月4日(木)
今日の神戸は、昨夜から冷たい雨雨が降り続いています。

もう「師走」 早いですね。

「新年明けましておめでとうございます。」鏡餅
言ったのがついこの間のような気がするのですが
今年もあとひと月を切ってしまいました。

12月は特に早く過ぎて行くように感じます。

12月と言えば「冬至」
去年も「冬至」でブログを書きましたねぇー

一年の中で昼間晴れが一番短く、夜星空が一番長い日

でも、「冬至」を過ぎると、日がだんだん長くなり

晩秋から冬至までの「一気に暗くなってしまう」夕暮れ時と違って
冬至以降の夕暮れ時は「暫らく薄明るい空がつづく」

日が沈んだ後の少し明るい西の空から東の空へ
だんだんと暗くなっていくあのグラデションが美しくて
師走の冷たい風に吹かれながら
「キレイなぁ~ラブラブ!!」と眺めてしまいます。


『ぷらっと』というフリーペーパー本
今年2014年の「冬至」は19年に一度の吉日
【朔旦冬至(さくたんとうじ)】という記事が載っていたので、
その記事を参考に纏めてみました。

毎年クリスマスクリスマスツリー前ごろにある「冬至」

「冬至」といえば

・一年中で夜が一番長い日。

・柚子湯温泉に入る日。

・かぼちゃと小豆のおかゆを食べる日。

というイメージしかありませんが、

それが、かつて北半球の多くの地域では

「一年の初め=正月」とされていたり

北欧などでは「弱まってきた太陽が再び復活する日」として盛大に祝われてきたり

日本でも、旧暦を使用していた時代には「一年の節目となる大事な日」だったらしい。


旧暦の主役「月の動き」から「2014年という年」を眺めると「特別な年」であったことがわかります。

・「元日」からいきなり「新月新月」と重なって始まり

今年は実際の季節と暦とのズレを解消するための「閏月」が9月と10月の間に入ったので9月が二回ありました。
 だから旧暦の9月13日(十三夜)満月が二度もあり(新暦10月6日と11月5日)
 二度目の十三夜を「後の十三夜」と言い、「後の十三夜」の出現は171年ぶりだそうです。

10月8日には「皆既月食」があり

そして、12月22日が「朔旦冬至」です。
 この日は旧暦でいうと11月1日にあたり、
 現在でも1日を「ついたち」と呼びますが、
 旧暦の「ついたち」とは「朔日」「朔の日」すなわち「新月」なんです。
 月はここから満ちて「三日月三日月」「十三夜」「十五夜満月
 「十六夜(いざよい)」と経て「三十日月(みそかづき)」
 そして再び「朔」を迎え、旧暦では月が改まるのです。

 
そう言えば、エジプト出身の力士「大砂嵐」が場所中でも断食をするということで、最近よく耳にするようになったイスラム教の断食「ラマダーン」は、ラマダーン月(イスラム歴の9月)の新月から翌新月までのおよそ28日間、太陽が昇っている間(日出から日没まで)何も口にすることが出来ません。「食物」はもちろん「水」も「薬」も「たばこ」もダメだそうですが、新月から新月というのが、イスラム歴9月の月初めから月の終わりまでということだったのですね。

因みにイスラム歴(ヒジュラ歴)は純粋太陰暦を用いているので、
太陽暦と一年ことにほぼ11日づつズレていきますが、
日本の旧暦の太陰太陽暦のように、実際の季節と暦とのズレを解消するための「閏月」はありません。


2014年の「冬至」は「新月」つまり旧暦の「朔日」「ひと月の最初の日」「ついたち」に重り、
19年に一度の「月の復活の日と太陽の復活の日」が重なった
「朔旦冬至」という最高の吉日
なんだそうです。

2014年は「冬至」だけでなく「元旦」も「新月」に重った特別な年
今年を振り返ると良いことよりも広島の土砂災害御嶽山の噴火
長野の地震
と災害ばかりが思い出されます。


そして、19年に一度の19年前と言えば1995年「阪神淡路大震災」があった年です。

暦の重なる「特別な年」、善きにしろ悪しきにしろ
「宇宙の動き」と「地球の動き」は、やっぱり連動していると強く感じずにはおれません。

2014年から19年後の2033年はどんな年になるのでしょう?????

19年先よりもまずは来年2015年が良い年でありますように!








テーマ:
2014年9月5日

ゴールデンウィーク頃に実験室に作った臨時の水槽で孵化させ、
飼育していた金魚の稚魚達も孵化後4ヶ月になります。


前回のブログに書きましたが、
同じ環境で育てていても、
しっかりエサを食べて、
大きく元気に育っている個体がいる一方で
小さくひ弱でふわふわしている個体は、
エサもそんなに食べないので成長できず
死んでしまったりしょぼん、大きな個体に食べられたり叫びしているのか、
孵化後3ヶ月近くなると個体数が
孵化当初の半数以下位ダウンになっていました。


金魚たちもこれからどんどん大きくなっていくのに、
この小さな臨時水槽では飼育環境としては良くないのと、
暖かいうちに屋外の自然環境に慣れさせた方が良いのと、
お盆休みに入り、毎日の世話みずがめ座も出来なくなるのとで、
3週間ほど前の8月14日に会社の大きな水盤に放流しました。

まるで、人工飼育したコウノトリの放鳥のような感じでした。
人工飼育した箱入りの稚魚達が、自然環境に順応できるのか?
直射日光晴れや風や雨雨などに耐えられるのかと少し気になりましたが




大きな金魚が入り込めないように禁止水盤1つを稚魚専用にし、
ときどき水盤の水を飲み来たり、水浴びに来たりする
スズメやヒヨドリ、カラスなどから稚魚を守るために
竹ぼうきを沈め、隠れ家を作ってあげました。



放流直後はひ弱な個体が数匹死んでしまいましたが
放流後3週間で40匹位居ます。



孵化した稚魚が200匹位いましたので生存率20%です。
初めての飼育にしては、良い数字なかと思いますかお


放流時小さいもので1cm位、大きいもので3.5cm位だったのが、
今では小さいもので1.5cm位、大きいもので5cm位になってます。

そして、室内飼育では太陽光に当たって無いからか?
全体に赤みが少なかったのですが、
だんだん金魚らしい少し赤みを帯びた体になり、
広い水盤を凄いスピードでピュッピュッと泳いでいます。



稚魚達を放流した時に一緒に放流した「オランダ獅子頭」も
大きな水盤で優雅に泳いでいます。



このオランダ獅子頭は、
「室内で飼えなくなったので、水盤に放流して下さい」と
2匹頂いたのですが、
室内水槽からいきなりサバイバルな自然環境に放流され
2匹のうち1匹は病気になり死んでしまいました。
そこで、残り1匹は暖かくなるまで、
実験室で稚魚達とは別の水槽で飼育していました。

見ての通り頭が異常に大きいので、頭が重たいのか、
ほとんど頭を下げお辞儀をしたような態勢で
プカプカと浮いたような状態なので
死んでない?と時々心配なりますが、マイペースで悠々としています。




稚魚達ももう少し大きくなったら、大きな先輩の金魚たちと一緒に
3面の水盤をあちこち元気に泳ぎ回って欲しいものです音譜








テーマ:
2014年7月30日  孵化後2ヶ月と23日目です。

大分大きくなりました。
一番大きいもので体長4cm位です。
赤みも帯びてきて、金魚らしい形になりました。




餌は、まだ1cm位の稚魚もいますのでメダカの稚魚用と
金魚のエサを乳鉢で粗くすりつぶしたものとを併用しています。

まだまだ小さい魚類の彼らもわかるんですね。
餌を与えようと水槽のそばにしゃがむと、
寄ってくるようになりました。

こうなると、ペットが可愛いのがわかりますね。
3、4センチの小さな金魚ですが、本当に可愛いです。ラブラブ




ところが、ところがです叫び

毎日何らかの原因で死んでいるものが数匹いましたが、
最近金魚の減り方激しく
2か月目の時は190匹位いたのが、
現在は80匹位に半減してしまいましたしょぼん

小さな稚魚が極端に減って、
死骸がないことから推測すると、
共食いが起きているのではないかと思われます。

餌は、1日3回与えているので十分と思うのですが、
ひょっとしたら土日はいずれかの日しか来ないし、
1日1回の餌やりしかしていません。これが原因でしょうか?

少しづつ大きくなって来たので、
金魚の数にしたら、今飼っている水槽が狭いから、
彼ら自身で間引きしているのでしょうかダウン

早く社屋の大きな水盤に放したいですが、
そこにはもっと大きな金魚たちが数十ッ匹もいるので
それこそ、あの大きな金魚たちに食べられてしまうかも知れません。

また、環境の変化に付いていけなくて死んでしまうことも考えられます。


暫らく、水替えみずがめ座の間隔を空けたり、
様子を見ながらもう少し大きくなるまで
今の水槽で飼ってみようと思っています。

何せ、初めての経験ですから日々勉強です。






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス