【母乳が恐怖で急に止まるの巻】ー生後20日

相変わらず、赤子の頭皮の匂いで昇天する毎日を送っております。
台風一過ですが、みなさまいかがお過ごしですか?


ここ最近赤子の頭の匂いがミルクの匂いからヒトの匂いに変化してきて、少しくやしい綾子です。

このかぐわしい匂いを永久保存したい、、、
でも変わるからこそ今の大切さが身に染みるってもんよ、、、

綾子のジレンマ。
 
 
✳︎
 
 
さて、一時実家から自宅に戻り過ごしておりましたが、先日2日続けて結構大きめの余震がありまして。
自分では大丈夫だと思ってたけど、夜に地震が起きる夢を見たり、その怖い思いをきっかけに、赤子が夜中の授乳であらぬ方向を見て目を見開いているのを見て「もしや霊とかいるんじゃ…!」と見えないものに恐れおののいたりしていました。(おばけこわいおばけこわいおばけこわい)

結果、おっぱい製造停止。

赤子が溺れるほどの出力だったのに、
カラッカラのフニャッフニャになりました。

自分では「たいしたことない」
と思おうとしていることも、
身体にとっては一大事件。

「大丈夫な自分」でいることの
バカバカしさを見せつけられた気分です。

何にとってバカバカしいかって?
『ほんとは大事にしたい自分自身』にとってだよ。
  
 
 ✳︎
  
 
昨日また実家に帰ってきましたが、
義実家からもらった赤飯を食べたからか
母に赤子をお願いしてゆっくり寝たからか
母乳が急に戻ってきて、
赤子も夜泣きしなくなりました。

「大丈夫な自分」をずっとキープするのではなく、
大丈夫じゃない自分でもいさせてあげること。

実家の親との折り合いが快適じゃなくても、
「親との不和」という型にはめて関係性を考えず、
いいことも悪いこともあっていいし、
嫌なことは伝えたり怒っていいと自分に許可すること。

実家に帰省するからって
一つの場所にいることにこだわらず、
周りの手を借りて
いることと立ち去ることを、
その時々の状況で選択すること。

そんなことをふと考えた出来事でした。

自分で設定した自分で居続けることって、
誰かとの約束を守ることに似て
守りたい気持ちのうちはいいんだけど、

それが義務になっちゃうと
ただ過去のエネルギーを引きずって
縛られることにしかならなくて

約束時点から変わった自分を恐れずに表に出して
その約束が今どれくらい変更可能か、
確認することすら忘れてしまうのよね。

みなさんにも
頑なに守っている自分との約束、
古くなっているものはありませんか?
 

アーティスト/本質発掘クリエーター

岡田綾子

 

 

今日は何位かな??

『あなたのクリエイティブな本質を輝かせるオンラインセッション 』

《モニター30枠中、残り18枠》

 https://smart.reservestock.jp/reserve_form/22512

★現在第一子出産のためお休み中。募集再開時のお知らせはメルマガで行いますので、ぜひご登録ください。

メール【購読無料】メルマガの登録はこちら

過去作品をご覧いただけます。

  カラーパレット岡田綾子 公式ホームページ

フォローはお気軽に☆

  ニコニコFacebook