夏越の大祓(なごしのおおはらい) | 三鷹市役所前 挽きたて“石臼挽自家製粉”そば 【増田屋】
2018年06月30日(土) 06時30分00秒

夏越の大祓(なごしのおおはらい)

テーマ:今日は何の日、気になる日??

6月30日(土) 天気☀ときどき☁ 気温33℃ι(´Д`υ)アツィー

 

夏越の大祓(なごしのおおはらい) ...??

 

神社では、6月末と12月末に、

 

半年の間に知らず知らずに

 

犯した罪や心身の穢れを祓い清めて、

 

正常な本来の姿に戻るための「大祓」が行われます。

 

6月を夏越しの祓、12月を年越しの祓とも呼びます。

平安時代に制定された法律書の「延喜式」には、

 

この大祓の祝詞が載せられており、

 

古くから行われていたことがわかります。


人形(ひとがた)・形代に自らの罪穢れをうつし、

 

神社で神事のあと、川や海にそれらを流し罪穢れを祓います。

 

また穢れを祓う茅を輪にしてくぐったり、身につけたりもします。

茅輪(ちのわ)神事について

茅の輪の由来は『備前風土記』の

 

蘇民将来(そみんしょうらい)の伝承によります。

 

善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が

 

武塔神(むとうのかみ)(素盞鳴尊すさのおのみこと)から

 

「もしも疫病が流行したら、悪疫除去のしるしとして、

 

 茅の輪を腰につけると免れることができる」

 

といわれ、疫病から免れることができたという伝承です。

【茅の輪のくぐり方】

 

茅の輪のくぐり方は、

 

「水無月(みなつき)の夏越(なご)しの祓(はらえ)する人は

 

 ちとせの命のぶというなり」

 

という古歌を唱えつつ、左まわり・右まわり・左まわりと、

 

八の宇を書くように三度くぐり抜けます。

 

 

  ザルそばそば あなたのそばに.com ザルそばそば 

6月29日(金) 《神宮》 ○中尾 つば九郎 10-9 tolucky*01

三鷹“増田屋” 蕎麦鑑定士1級&野菜ソムリエさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス