霜止出苗~しもやみてなえいずる~ | 三鷹市役所前 挽きたて“石臼挽自家製粉”そば 【増田屋】
2018年04月25日(水) 00時04分25秒

霜止出苗~しもやみてなえいずる~

テーマ:雑学・豆知識

春も終わりに...霜止出苗 さぁ米作り( ^^) _U~~

第十七候「霜止出苗」(しもやみてなえいずる)をむかえました。

そろそろ霜が降りるような寒さも終わりますから、

田植えにそなえて苗を育てる時期、ということです。

秋に新米が出まわると誰もが収穫を喜び

今年の米を味わいたいと思います。

そのために種籾を播いて苗を育てるのが今なのです。

秋の収穫の第一歩。

お米作りに関わっていない人たちに日本はお米の国ですよ~!

と思い出させてくれる大切な時ですね。

 

「霜止出苗」は二十四節気「穀雨」の第二候。やはり雨がなければ種や芽は育ちません。この時期の雨は穀物の種や芽をうるおすことから、春に降る雨でも「春雨」とは別の名前が付けられたのでしょう。東京の4月の平均雨量は124.5㎜(気象庁HP)と特別に多いわけではありませんが、暖かい雨で田畑の作物が育ち山野に若芽が伸び、緑が生き生きとしてくるのを私たちも実感します。
「まっすぐに草立ち上がる穀雨かな」 岬 雪夫
「土塊のしやべりだしたる穀雨かな」 小島 とよ子
春から夏に向かう穏やかなエネルギーが伝わってきます。始まりの4月に決意あらたにされた方も多いことでしょう。始めはなかなか成果が上がらなくても、芽吹きには穏やかな雨がちょうどいいように、諦めずにコツコツ続ければきっと芽は出てくる。そう信じて秋の稔りに向ってまずは一歩を踏み出していきましょう。
一時 閉店まであと...5日 ( ;∀;)

ザルそばそば あなたのそばに.com ザルそばそば 

4月24日(火《松山》 ☔試合前中止 つば九郎tolucky*01

三鷹“増田屋” 蕎麦鑑定士1級&野菜ソムリエさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス