パズル | オットがくも膜下出血で倒れた~高次脳機能障害な毎日~

オットがくも膜下出血で倒れた~高次脳機能障害な毎日~

2011年6月、オット(42)は
くも膜下出血を発症した。
瀕死の状態から生還したが
両片麻痺と高次脳機能障害が残った。

このブログで今のオットを記録しつつ
発症からの経過を記してみたいと思います。

高次脳機能障害になる前から、パズルが好きだったオット。

入院中はクロスワードと脳トレでお馴染み、川島隆太先生のドリルを毎日していた。

指の麻痺と、失語症で字がなかなか書けなくなったオットにとって、一石二鳥の自主リハビリだった。

退院後もクロスワードは時々やっている。
加えて、6年くらい前に買った、川島隆太先生の数独 (ナンバープレイス)
の本を押し入れから引っ張り出し、やり始めた。

入院中は数独が全然できなかった。
やり方を忘れてしまったようだ。

川島先生の数独は超初級なので、なん
とか思い出しながら、毎日こなした。

今はナンプレ雑誌の中級くらいなら、
目標時間で完成するくらいになった。

オットは注意力障害があるので、数独はいいリハビリになると思う。
気をつけないと、間違った数字を入れたりするので、気を配らないと完成しないので…


最近はお絵かきパズル(ロジックパズル)の本を買ってきた。

か、これがかなり難しく、説明を読んでも理解できなかったようだ。

私が最初に憶えて、オットにやり方を教えないとならなくなった。

めんどくさいよぅ~

私の脳トレにもなるから、まぁいいか…


iPhoneからの投稿