私に関わってくれた看護師さんは40名ぐらいで

その内火傷専門の方は7〜8名、

49日間も入院しましたので、

結構親しくなれましたね照れ

日本のことが好きな方が多く、

いろいろと日本事情も聞かれました。

 

ICU病棟という事もあったかもしれませんが、

看護師さん達にはよくしてもらいました。

私の場合、ベッドから1人で降りられなかったので、

(退院する1週間前まで)

トレイにも1人では行けず、

随分助けていただきました。

私が1人でトイレ(部屋の中にありました)に行けるようになったら、

看護師さんが「私の助けはもういらないの

ちょっと寂しそうでしたけどね

 

看護師さんの思い出。。。

 

○夜間専門の婦長さんは、一見笑っているように見えて、目がやはり鋭く、

結構厳しいのですが、私がトイレに行けなかった時などのお世話は、

この方が一番上手でした。

患者さんのことを考えた手当がすごいなと感心でした

 

○暑いと言ったら、濡れタオルをボンと頭においてくる方びっくり

 

○お母さんが毎朝グリーンティーを飲ましてくれたという看護師さんは

その方が私の担当になるといつもグリーンティーを持ってきてくれた

 

○ちょっと怖い感じの看護師さんでしたが、痛み止めの注射をする時、

いちにさんしご。。。と日本語で数えてくれて、親近感が湧きました

 

○男性の研修生を連れてきた女性の看護師さんの髪型が、

いつもはボサボサ髪なのに、可愛くカールされていましたウインク

 

○女性だけど男性に見える黒人看護師さんは、

むちゃくちゃテキパキしていて、同僚からも頼られる

スーパー看護師さんでした

 

○包帯換えの時むちゃくちゃ痛かったので、

その時に、ヒーリングミュージックをかけてくれる

男性看護師さん

 

○足の包帯換えの時に、私の肌についているガーゼをおもいっきり引っ張って

私が痛がっているのを見て、悪いと思った看護師さんが、

私に三つ編みをしてくれたラブ

 

(夫が持ってきてくれた野菜たっぷりチャーハンを食べる図

痛みがあるので笑えてないなー)

 

夫のブログもご一緒にどうぞ

妻が物理的に炎上