給餌活動 9・22 / 9・23 | 今日の清川しっぽ村

今日の清川しっぽ村

「一般社団法人 清川しっぽ村」の活動ブログ。

東日本大震災で被災した
ワンちゃんネコちゃんを中心に助ける為
神奈川県の清川村に動物保護施設を設立して

一頭でも多く新しい飼い主さんの元で幸せに暮らせるよう
みんなで頑張っています!!


テーマ:
今回の飯舘村活動は

私(ゆーちゃん)とボランティアのTくん

そして Iさんの3名で実施させて頂きました。


福島に向かう途中 某県に立ち寄り

しっぽ村卒業わんこの笑くん(旧名ミルク)に

会って来ましたよ。


すっかり大きくなってますね犬


卒業してから約10か月 覚えてくれてるかな?


笑くん めっちゃ覚えてくれてましたねー

一人一人に抱きつき挨拶してくれましたよー

特にTくんの顔はずっと舐め続けてましたw

何か美味しい成分があるんでしょうシナモロール


獣医さんでもあるご家族さまから

多数の支援物資を頂き

福島に向かいます。

ありがとうございます爆笑



今回は他団体さんも給餌活動に入ってられたので

連携、分担しながら飯舘村内の

給餌ポイントを訪問します



朝は小雨がポツポツの微妙な天気でしたが

昼前にはすっかり青空になりました


(ボランティアTくん)

絶好の活動日和となりました。



さーて   たくさん散歩しましょうニコニコ


草地利用再開事業や




新たな商業施設もオープンしました


飯舘村を訪れるたびに

少しずつですが、復興の歩みの

一歩一歩を感じます。




そして、今回は

保護対象猫ちゃんの捕獲を試みました。


今回 捕獲出来たのは(通称)ゲート前で

茶トラの子と  タヌキさん

タヌキさんはリリースして




9月14日に他団体さん(CDCAさん)が捕獲して

動物病院に預けていた2頭を受け入れ、

しっぽ村へ 計3頭の猫ちゃんを搬送することに。


(農高前で保護されたキジ♂)

(ゲート前で保護されたキジ♀)



現在 飯舘村内 保護対象猫ちゃんの

正確な数は不明ながら、

およそ 50頭弱 のようです。


厳しい冬が訪れる前に少しでも

多くの子たちを保護できればと考えてます。




また 今回 、給餌活動に参加して下さった

Iさんからも レポートが届いてます

是非ご覧ください。

⬇︎⬇︎

澄み切った空、青々とした緑に囲まれた広大な飯舘村に1年半ぶりに行って来ました。

新しい建物が目立つようになり、訪問先では飼い主さんにお会いできる機会も多くなりました。

猫の保護も進み、給餌に回っていてもほとんど姿を見ることはないのですが、お話によるとまだ50匹近くの猫の保護が必要との事です。
小さな命の幸せが増えることを思うばかりです。

今回しっぽ村入りの新入りさんたちにも素敵な巡り合わせがありますよう。

日常ではどこか遠くに思いが行ってしまいがちですが、改めてまだまだ終わりではない事を思い返す良い機会でした。



Tくん、Iさん 二日間お疲れ様でした。
遠くで起こった身近な問題としてとらえたい現実。
ご一緒いただき、ありがとうございました。


最後になりましたが、清川しっぽ村 給餌班の活動を応援してくださる皆様、ありがとうございます。
今後とも 応援、ご協力を

よろしくお願いします。



ゆーちゃん


清川しっぽ村さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス