西原しっぽ村 | 今日の清川しっぽ村

今日の清川しっぽ村

「一般社団法人 清川しっぽ村」の活動ブログ。

東日本大震災で被災した
ワンちゃんネコちゃんを中心に助ける為
神奈川県の清川村に動物保護施設を設立して

一頭でも多く新しい飼い主さんの元で幸せに暮らせるよう
みんなで頑張っています!!


テーマ:
台風19号・20号の接近に伴い

不安定な天気が続く 九州地方


熊本県は西原しっぽ村(菊池市)から

災害動物支援活動レポートをお届けさせていただきます。


西原しっぽ村で預かり保護が続く
mダックスの ハナちゃん

11月には ご家族の元へ帰れるそうです!


ハナちゃんは地震災害でお家を失い
村内の郵便局の倉庫で長期間保護されてました


私たちも毎日 ハナちゃんのもとを訪れ

ごはん&水の交換を行なってきました。


西原しっぽ村で保護し

検査をしたところフィラリア症に感染しており、

今回の熊本入りでは 嫌な咳が出ているのが

懸念されました。
(フィラリア症は治療中です)

ようやく ご家族と一緒に暮らすことができる

ハナちゃん

なんとか健康な状態で帰還させたいと願うところです。


さて、 台風の強風被害が心配だった

西原しっぽ村シェルター

ドアと同じサイズの村長とともに網戸の

修復作業に取りかかりましたよ

写真も良いけど、しっかりハシゴを抑えててくださいねー
(指 入っとるばい)

人が地上 2.5m くらいの高さに立つのは

最も恐怖を感じる高さだとも言われますが、

ひとりでなくて良かった(^^)


それにしても、風で ここまで破れるかなー?



村長に聞いたところ……

実は 猫たちが器用にかじって網戸を破ってたそうです

そうだニャ♪

ボクらいたずら大好き♪



それは 困りましたなー


て、ことで



いたずらのお返しを(笑)


そういえば 何かの映像で観ましたが、

背後に置かれた 🥒キュウリに驚く猫

いましたね。



今日は そ〜っと  仕掛けた

コブラさんですよー


て、

アレ?

一瞬で 降参⁈


熊本地震災害から 2年4ヵ月

未だ

ご家族と別れて暮らす猫たちも多いことも現実です。

長期化する一時預かり保護について

それぞれのご家族さまには

可能な限り 彼らと一緒に暮らせる環境の調整を

お願いしておりますが、


地震災害以降 外で暮らすようになった

不妊手術の施されていなかった

飼い猫の繁殖によって増えた 命を

二次災害・三次災害の対象に位置付けることが

妥当かどうかは さておき、

不幸な犬猫たちが増えてしまうことを防止する
コミュニティが全国レベルで増えていくことが望ましいですね。





↓ ナオちゃんは西原しっぽ村保護中の人なつこい子ねこ。

カラスに咥えられては上空から落とされ続け
骨盤を骨折していた子ねこちゃん


今では自立歩行や跳ねまわりも可能となった
グレーのキジ白ちゃんです。


治癒能力の高さに感激です!


一方、西原村内では、


サポートを続けるワンコ

コロくん

お家は解体されましたが

飼い主さま 避難先では コロくんと一緒に暮らすことが出来ません


ご家族さまと西原しっぽ村で

日々のお世話を続け

ご家族さまの再建まで、一緒に暮らせる環境作りを応援してます。


コロくん 頑張ろう!


台風により
熊本活動から帰還の列車の遅延も気になる本日ですが、しっぽ村 熊本地震災害動物支援活動(西原しっぽ村)も応援 よろしくお願いします。


西原しっぽ村 ほしい物リスト

清川しっぽ村さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス