西原しっぽ村 11月 | 今日の清川しっぽ村

今日の清川しっぽ村

「一般社団法人 清川しっぽ村」の活動ブログ。

東日本大震災で被災した
ワンちゃんネコちゃんを中心に助ける為
神奈川県の清川村に動物保護施設を設立して

一頭でも多く新しい飼い主さんの元で幸せに暮らせるよう
みんなで頑張っています!!


テーマ:
早いもので今日で

11月も最終日となりました(´⊙ω⊙`)

今年も残すところ1ヵ月!

おかげさまで、西原しっぽ村熊本県内活動から無事に帰還しましたが、清川村(神奈川県)活動に就くと、アレやコレやで一日はアッと言うまに過ぎていきます

一日が36時間くらいあれば良いなぁーと思う
この頃。
そうなると、
たくさん睡眠が取れそうですね。


…………………………………………………

さて、《西原しっぽ村 での11月》
活動レポート お届けさせていただきます!

{3E4EF162-5E20-4FBB-93DF-147863A0C84C}

11月の熊本県内活動ミッションは

西原村での被災動物支援活動、

しっぽ村菊池シェルターワークに加え

{FAB57A79-4BA3-4D13-8415-03997D6D6220}

今月の取組みで最も力を注いだのが
外で暮らす猫のTNR活動でした

不幸せな環境で生きることを強いられた
不幸な猫が増えないように、
飼い主のいない猫の過剰な繁殖を抑制するための有効な方法のひとつ。TNR活動。

{AD1F04E0-1A69-426F-A0B7-731FD205C60E}

かねてより依頼のあった現場でのTNR活動実施と
震災後に避難所や救援物資のストックヤードとして機能した運動公園でのTNR一斉捕獲

(猫カーゴさん今月も熊本入りでした)
{04EF623C-2D5D-456D-9DE6-22048C045314}

この公園からは西原しっぽ村へ
ノラ猫の保護依頼の多い場所です。

公園側や利用者と協力して約4ヵ月間の調査を行ない実施させていただきました

{1265A3B4-0700-4403-82FE-F04E60842D26}

今はまだ一般的に普及しているとは言えない
TNR活動への取組み、そして その重要性を
広く理解していただくことができるために、
メディアへの取材依頼と収録応対
{C7BFA0DC-5871-4D30-A8D5-9566A4B3878D}

任務の遂行はもちろん、
連日
早朝から深夜まで及びました

アナウンサーさん
{5FA46E11-C2AA-447F-A6C9-4C8A38D21F09}

テレビ局 報道製作さん

{16073B1E-48F7-4C4D-89C7-AB06108FFC22}

新聞記者さんも
思いを伝えました。

(あれ?タイヤハウスにミケ猫さん?)

記事は
⬇︎⬇︎
こちら
{DF0DB69D-3AFF-44DD-8A70-29AAE3C71BF5}

情報提供、現場調査や捕獲に加わってくださった
ボランティアさんのご協力により、
今月は100頭を超える猫のTNR活動を実施することができました。

{F4153BB9-2B85-4D8C-B38E-45E88FE741C4}

また傷病猫は処置後 保護

元気に回復を願います。
{A721A88B-3819-4EAC-A1C3-591D688A24D8}

こちらは また変わった保護依頼です

とりあえずシャンプーが一番! 一番! (笑)

{F7450954-BD09-4BC3-A44F-86D94656DC9D}

一日が三日間のようで、3日間が今日一日の出来事のようにも感じた、怒涛の一週間となった熊本県内活動でしたが、反省会を終えると、

菊池シェルターで保護中の猫たちを元気付け
{3F613256-393D-4246-80B2-92505FEF54DB}

(仔猫たちのお部屋)
{380D41F9-1D95-4658-B4FD-96E0FA8DDA92}

一時預かりのハナちゃんとお散歩を楽しみ

{11D89E46-3363-429B-AF0E-CC59DB1ED9C9}

みんなの幸せを願います。

私たち人間の意識で
彼らの幸せは大きく左右されます。

不幸にもなるし

幸せにもなります

『招福』 幸せが一番!

意識向上こそが
犬猫たちの平安で明るい未来に繋がる気がした
西原しっぽ村活動 11月でした。
{37B7F8EE-F12D-4002-8C5E-A456C4FD84BF}

さて、
帰りの便には
ダルメシアンの小作(こさく)くんを乗せて
ロングドライブです
{55D6F661-8A0D-47C7-89E6-A003132FF7E7}

小作くん ♂
7〜8歳くらい(中型犬 大)


{089A1B6E-3598-4DD1-82F5-7A4FB739B4E1}

小作くんは震災後
飼い主さんと別れました。
保護された方のお家のポストには

「7歳です」 と書かれた紙が入ってました。

地震でお家を失ってしまったのでしょうか?

保護主さんの環境に大きな変化があるため、西原しっぽ村が保護を引き継いだワンコです。
(保護先:清川しっぽ村施設)


彼もまた
新しいご家族さまとの出会いを待ってます。
幸せになるために。




清川しっぽ村

清川しっぽ村さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス