今回のローマ滞在は、少し遠い場所や週末しか一般公開されない場所を訪れていますニコニコ今日は二か所!かなり見応えがありました‼️
午前中は、Galleria Colonna と Appartamento Principessa Isabelleへ。土曜日しか一般公開していません。
正直言ってこれほど迫力のある宮殿は初めてでした‼️
開館と同時に行ったので警備員のおっちゃんだけ爆笑なんとまぁ贅沢な!このすぐ後に観光客のグループがどんどん入ってきました。
ギャラリーにも数え切れないほどの名作が飾られています。
イザベッラ王女の居住区はグループでの見学となります。私は何故か英語のガイドのグループになりました。
どの部屋も素晴らしいですが、みんなが息を呑んだのはヴァンヴィテッリの間ラブ壁中にGasper.Van.Wittelの絵が飾られていて、その一つ一つがうっとりするほど美しい✨
各部屋に飾られているコロンナ家のシンボルのコロンナ(円柱)。イザベッラ王女は宮殿をこのままの状態で存続させるという使命を果たし、亡き後も現在まで後世にそれをしっかりと守らせています‼️すごい!
さて、その後行ったのがまた物凄く特別であり、イタリアの歴史上重要な場所 Domus Aureaおねがいおねがいおねがい
日本人の間ではあまりメジャーでは無いかも知れませんが、実はコロッセオの真ん前にあります笑い泣き
紀元64~68年にローマ帝国の第5代皇帝ネロによって建設されたこの(日本名)黄金宮殿は、建物と庭園、人工の池から成る巨大複合施設でした。
しかし、ネロの死後、後の皇帝らによってその大半が地下に埋められました。
それが今、少しずつ掘り起こされています。2014年から一般公開されているようですが、発掘の作業が進行中のため週末だけしか見ることができませんおねがい
とにかく巨大な面積の中に無数の部屋があり、約1時間15分間ガイドが説明をしながら案内してくれます。
あちこちにフレスコ画の一部が残っています。
洞窟の中で宝探しをしているような気持ちになりますが、なんと突然明るい大きな部屋に出ましたラブ

この造り、まさにパンテオン‼️
区切られた小さな部屋の上にも窓がありましたおねがい
ここに来た人全員が、次回またここを訪れた時にはどんな風になっているんだろうとワクワクして帰ったに違いありません爆笑
作業がこの先も無事に順調に進みますように。10年後、また観にきたい‼️