【HSCチェック項目】と娘の実例 | ゆるり子育て日記~HSCの娘と一歩ずつ~

ゆるり子育て日記~HSCの娘と一歩ずつ~

HSC(ひといちばい敏感な子)の娘(5歳)と、やんちゃ盛りの息子(2歳)子育て真っ最中!
あることがきっかけでバリバリのワーママ生活を卒業し、
新しい人生を一歩踏み出しました。


テーマ:

◆HSCとは

HSCとは、Highly Sensitive Childのことで、

日本語では「ひといちばい敏感な子」と訳されています。

 

HSCは医学的な概念としては認められていないため、精神科や神経科、心療内科にかかっても、HSCだと診断されることはありません。

娘の場合もそうでした。

 

今回は、実際にどんな特徴の子どもがHSCなのかを知っていただくために、チェックリストを紹介したいと思います。

また、娘の場合はどんな風にあてはまったのか、実例も併せてご紹介します。

 

チェックリストは色々なところで紹介されているようですが、実例はあまり出ていないようなので、参考になればと思ってます^^

 

 

◆HSCチェックリスト

こちらが、HSCかどうかを知るための23のチェックリストです。

『子どもの敏感さに困ったら読む本』(長沼 睦雄著 誠文堂新光社)より抜粋。

 

------------------

次の質問に、感じるままに答えてください。子供について、どちらかといえば当てはまる場合、あるいは、過去に多く当てはまっていた場合には「はい」、全く当てはまらないか、ほぼ当てはまらない場合は「いいえ」と答えてください。

------------------

1.すぐにびっくりする

 

2.服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる

 

3.驚かされるのが苦手である

 

4.しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある

 

5.親の心を読む

 

6.年齢の割に難しい言葉を使う

 

7.いつもと違う臭いに気づく

 

8.ユーモアのセンスがある

 

9.直感力に優れている

 

10.興奮したあとはなかなか寝つけない

 

11.大きな変化にうまく適応できない

 

12.たくさんのことを質問する

 

13.服がぬれたり、砂がついたりすると着替えたがる

 

14.完璧主義である

 

15.誰かがつらい思いをしていることに気づく

 

16.静かに遊ぶのを好む

 

17.考えさせられる深い質問をする

 

18.痛みに敏感である

 

19.うるさい場所を嫌がる

 

20.細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく

 

21.石橋をたたいて渡る

 

22.人前で発表するときには、知っている人だけのほうがうまくいく

 

23.物事を深く考える

 

【得点評価】

13個以上「はい」なら、HSCの可能性が高いです。

しかし、心理テストよりも、子どもを観察する親の感覚のほうが正確なので、たとえ「はい」が1つか2つでも、その度合いが極端に強ければ、

HSCの可能性があるそうです。

 

 

◆娘の場合

------------------

1.すぐにびっくりする

「いいえ」

 

2.服の布地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当たったりするのを嫌がる

「はい」:服のタグが少しでも肌に触れると怒る、襟付きの服も苦手

 

3.驚かされるのが苦手である

「はい」:かくれんぼは、隠れていられずに出てきちゃう。わ!と驚かせると飛び跳ねて驚き、怒りで泣きわめく。

 

4.しつけは、強い罰よりも、優しい注意のほうが効果がある

「はい」:厳しい口調で叱ると、怒る、泣く、反発する、逃げる

 

5.親の心を読む

「はい」:大げさにほめると見透かしたような顔をして喜ばない

 

6.年齢の割に難しい言葉を使う

「いいえ」

 

7.いつもと違う臭いに気づく

「はい」:私がパーマをかけるとすぐに気づく

 

8.ユーモアのセンスがある

「はい」:よく笑わせてくれる

 

9.直感力に優れている

「はい」:仕事で重要なミーティングがある日に限って熱を出してお迎えコール

 

10.興奮したあとはなかなか寝つけない

「いいえ」

 

11.大きな変化にうまく適応できない

「はい」:保育園入園、転園に適応するのにそれぞれ1年以上かかった

 

12.たくさんのことを質問する

「いいえ」

 

13.服がぬれたり、砂がついたりすると着替えたがる

「はい」:お風呂上りに少しでも拭き残しがあるだけでも嫌がる

 

14.完璧主義である

「はい」塗り絵は、背景まで残さず全部塗りつぶしたい

 

15.誰かがつらい思いをしていることに気づく

「いいえ」

 

16.静かに遊ぶのを好む

「はい」:パズル、塗り絵

 

17.考えさせられる深い質問をする

「はい」:「水の、こころの気持ちってどうなってるんだろう?」とか聞いてくる。

 

18.痛みに敏感である

「はい」:ささくれ、小さな擦り傷を異常に気にする。

 

19.うるさい場所を嫌がる

「はい」:保育園とか。うるさい場所では、耳をふさぐしぐさをよくする。

 

20.細かいこと(物の移動、人の外見の変化など)に気づく

「はい」:「あれ、前はここにあった」とかよく言う

 

21.石橋をたたいて渡る

「いいえ」

 

22.人前で発表するときには、知っている人だけのほうがうまくいく

「はい」:運動会では園庭の片隅に座っていた

 

23.物事を深く考える

「はい」:音楽が聞こえると、「これは悲しそうな感じがする。なんで?涙が出そうになる」など言う。

 

------------------

HSCについて紹介してみました。

チェックリストにいくつあてはまるかということだけでは、本質にはたどりつけません。まずは客観的な目で子どもの特性を知ることが大事です。そのきっかけになれば嬉しいです。

 

◆参考

 

『ひといちばい敏感な子』(エイレン・N・アーロン著  明橋大二訳  1万年堂出版)

 

『子どもの敏感さに困ったら読む本』(長沼 睦雄著 誠文堂新光社)

 

 

 

ayumiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス