もしかして発達障害? | ayumiのブログ

ayumiのブログ

HSC(ひといちばい敏感な子)の娘(5歳)と、やんちゃ盛りの息子(2歳)子育て真っ最中!
あることがきっかけでバリバリのワーママ生活を卒業し、
新しい人生を一歩踏み出しました。


テーマ:

「うちの子、もしかして発達障害?」と思ったことはありませんか?
 

私もそうでした。
 

娘は結局、発達障害という診断はつきませんでしたが、HSC(Highly Sensitive Child=ひといちばい敏感な子)の傾向があります。

以前は娘に対してストレスを感じる事が多かったのですが


1、HSCを知ったこと

2、発達相談に行ったこと

 

によって、今はようやく、娘のありのままを受け入れて適切な関わりができるようになってきました。

今回は、娘が生まれてから今に至るまでの5年間、娘の発達についてどんな風に向き合ってきたのかを書いてみます。

 



 

◆発達障害が増えている?
国立特別胃炎教育総合研究所の統計によると、
自閉症・情緒障害特別支援学級に在籍する児童生徒数は、平成19年度以降、毎年、約6,000人ずつ増加している。とのこと。


すごい数字ですよね!


昔から一定数はいたけれど、発達障害の認知が広まったことによって顕在化したとの見方もあるようです。

 


◆うちの子は発達障害なんかじゃない!
娘は、よく泣く赤ちゃんで、かんしゃくもちで、少し扱いにくいところがありました。
私の両親は教育関係者なので、発達障害の子供に接する機会もあったし、多くの知見を持っていました。
ある時母親に、「ねえ、〇〇ちゃんは特定の強いこだわりはない?」とか「順番にこだわったりしない?」と聞かれたことがありました。
もしかして、娘が発達障害だと疑ってる?まさか、うちの子が発達障害なワケないじゃん!
と、その時自分の中に強い拒否反応が起こりました。
なぜだか怒りがこみ上げてきて「そんなのないよ。」と冷たく返事しました。

 

 

◆でももしかして?
発達障害なワケないと思っていた私ですが、娘が成長するにつれて、だんだん、もしかして?と思うようになってきました。
 

保育園で集団行動をするようになり、周りの友達と比べる機会が増えて来たのです。
ひどい登園しぶり、運動会などのイベントに普通に参加できない、予想代のことが起こると強いかんしゃくを起こす・・。

色々な出来事が重なり、もういっそのこと発達障害だと診断されたいと思うようになりました。
そうすれば気が楽になる気がしました。
原因が分からないというのは不安で落ち着かないんです。拠り所が欲しかったんですね。

 


◆正しく知ることが大事


1、HSCを知ったこと

通勤電車の中で、”子供 敏感すぎる”と検索していた時、HSCのことを知りました。今まで、「いわゆる発達障害の特徴とは少し違うんだよな~でも何か特別な感性を持ってる気がするんだよな~」とモヤモヤしていた私は、「やっと見つけた!これだ!!!」と震えました。


それから、HSCに関する本を読んだり、ブログを読んだりして、HSCの特徴と適切な関わり方について勉強しました。

 

 

2、発達相談に行ったこと
それから、発達相談にも行ってみました。娘の状態を専門家に客観的に見てもらい言語化してもらったこと、適切な接し方についてアドバイスをもらえたことは大きな収穫となりました。
 

 

以前は、「うちの子は大丈夫」とか「いや、普通じゃないかも」とか、感情に流されてイライラしたり不安になったりしていたけれど、


正しく知ること

 

によって、娘がどんな状態になっても、冷静に捉えて対応できるようになってきました。

(うまくいかない時もまだ沢山あるけど・・)



◆娘が教えてくれたこと
娘は私に大切なことを教えてくれました。


ママ、普通なんてないんだよ。
ママが普通だと思っていることは私にとっては普通じゃないんだよ。


結局のところ、どこにも普通なんてないんですね。大人になると、普通こうでしょ?とか、普通はね・・と、あたかも自分が普通で正しいかのような錯覚に陥ってしまうのかもしれません。

 

私の中の「普通こうでしょ?」という常識を、娘は体当たりで崩してくれました。「普通、保育園行くでしょ?」「運動会では競技するでしょ?」


私が普通だと思っていたことは、娘にとっては普通じゃなかったのですね。親子であっても別の人格、娘には娘の考え方や人生があるのです。



◆まとめ

・子供の発達について、正しく知ることが大事

・知れば、感情にとらわれずに冷静に対応できるようになっていく

・親子であっても、別の人間。親の普通を押しつけない



娘が生まれてから今に至るまでの5年間、娘の発達について向き合って、学んだことです

ayumiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス