未来型の習い事? | ゆるり子育て日記~HSCの娘と一歩ずつ~

ゆるり子育て日記~HSCの娘と一歩ずつ~

HSC(ひといちばい敏感な子)の娘(5歳)と、やんちゃ盛りの息子(2歳)子育て真っ最中!
あることがきっかけでバリバリのワーママ生活を卒業し、
新しい人生を一歩踏み出しました。


テーマ:

みなさんは自分の子供に習い事をさせていますか?
うちの娘はもうすぐ5歳になるのですが、習い事は1つもやっていません。どうしても行きたがらないのです・・。

今回は、子供の習い事について我が家の葛藤とこんな習い事があったら良いのに!という希望を書いてみました。

 


 

2018年習い事調査によると、4~6歳の約8割の子供が習い事に通っているという結果が出ているようです。  
確かに子供が3歳くらいになると、母親同士の会話の中でも「習い事どうする?」という話題が増えてきた実感があります。

我が家でも、娘が3歳になった頃から色々な習い事の体験に行ってみました。ところが・・娘は片っ端から嫌がったのです。


◆習い事を嫌がる


娘が嫌がった習い事ラインナップはこちら

【バレエ】
女の子の親なら一度はやらせてみたいと思うヤツですね。お友達ママが先生で、顔なじみのお友達もいたので楽しめるかなと思っていました。しかし、レッスン前にレオタードに着替える時点でイヤイヤグズグズ。そこからずっと不機嫌で、私の足にまとわりつき、レッスンにはほぼ参加できませんでした。先生も一生懸命声をかけてくれましたが、「帰る。帰る。」の一点張りでした。

【スイミング】
習い事ランキングトップの常連、スイミング。こちらは、50分間の体験中、50分間泣き続けていました。見ている方も辛くなるほど・・。帰り道は「もう絶対行かない!」と泣きながら怒っていました。

【サイエンス教室】
探求心が強い娘に向いているかなと思い参加してみました。白衣を着て博士になりきって実験をするというもの。
体験中は楽しそうに見えたのですが、終わってから「どうだった?また行きたい?」と聞いてみると、「先生がうるさかった。白い服を着たのが嫌だった。もう行かない。」

そんなこんなで、なんだか疲れてしまいまして・・
無理やり行かせても仕方ない。本人が行きたいというまでは、しばらく習い事はやめておこうと思いました。




◆その子にあった成長の仕方


そんな習い事イヤイヤ娘ですが、クリスマスプレゼントに”室内用の鉄棒”を買ったのをきっかっけに鉄棒にハマりました。


「さかあがりやりたい!」と言って、朝起きた瞬間から練習、保育園から帰るとすぐに練習、と練習に明け暮れ、ほぼ独学で出来るようになったのです。


当時4歳半だったので、まあ早いほうかな?
これには感激でした。「この子は、自分のペースで、自分の空間で、とことんやりたいことに打ち込める環境を作ってあげれば、勝手に自分で伸びていくのかもしれない」と思ったのです。


習い事では、先生がいるし他のお友達もいるし、常に他人のペースで、周りの目線がある中で物事が進んでいきます。娘にとっては、それがストレスだったのかもしれません。

 


◆葛藤
習い事、子供がやりたくないというなら、無理にやらせる必要はない。
うちの子にはうちの子の成長の仕方があるし。ほら、さかなくんだって小さい頃はひたすら好きな魚の絵を描いていたって言うし。

と思いながらも、やはり葛藤はあります。
「〇〇ちゃんは習い事なにやってるの?」と聞かれて「何もやってない」と答える瞬間や、習い事に行っているお友達が「クロールが泳げるようになった」とか「足し算やり始めた」と聞くと、取り残されているようで焦るのです。

 

 

◆こんな習い事あったらいいのに


子供は10人いれば10人みんな違います。得意なことも苦手なことも成長の仕方も。なのに、今の世の中にある習い事ってすごくワンパターンだなって思うんです。


昔よりも習い事の種類は増えていますが、曜日と時間が決まっていて、カリキュラムが組まれていて、先生が子供に教える。やり始めたら基本は続ける前提で、習い事を頻繁に変えるのは難しい。


子供が何に興味をもつのかなんて予測不可能だし、ハマって毎日続くこともあれば、1日で飽きることもある。


もっとフリーな習い事があればなぁって思うんです。

例えば、娘はいま「空中逆上がりがしたい」と言っているのですが、私はコツや教え方が分かりません。

そのためだけに体操教室に通わせるほどでもないし、娘は教室の先生や雰囲気に適応するのが難しいかもしれない。


30分1000円くらいでオンラインで教えてくれる人いないかなー??教室の先生じゃなくていいんです。体育系の学生さんとか。

未来型のフリーな習い事、増えたらいいな。

みなさんどう思いますか^^?

 

ayumiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス