放送タレント塾は熱い!!

テーマ:
こんにちは!ご覧いただきありがとうございます😊
38期のMともうします。

私が入塾したのは4月頭なので、早1ヶ月が経ちました。

私の本職は福祉なのですが、声の仕事に携わりたい!というひそかな夢に本気で取り組むラストチャンスという想いで当塾の扉を叩きました。

こちらの塾はいわゆる私塾といわれるものなので、指導がとーーっても熱いです!
塾長は厳しくも優しいダメだしをたくさん下さいます。
今まで気づかなかった頑固な読みグセを根気よく教えてくださったり、より上質な読みができるよう細かく指導してくださります。

また授業の内容も非常に盛りだくさん!
お芝居の授業も“唯一絶対の読み方 ”を追求し、こだわってこだわって音を作っていきます。頭がパンクしそうになる事も多々笑!!

他の塾生の方もやる気に満ち溢れている方々ばかりで、とっても刺激されます。
塾長が厳しく暖かく指導してくださる、他にはない塾であると言えるでしょう✨

ぜひここまで読んでくださった方と授業でお会いできたら、うれしいです😊

”才能の前に大切な事。”

テーマ:
こんにちは。

37期のTと申します。

塾でどのような授業が行われ、どのような効果があるかは他の皆さんが投稿されていますので別の視点から投稿させていただきます。

DJ、ナレーター、司会、声優に憧れこのブログにたどり着いた皆様の中には、果たして自分には才能があるのだろうか?と疑問を抱えたまま、中々一歩踏み出す勇気が持てないと言う方もいるのではないでしょうか?

もしくは、少し学んだ事があるけれど、自分には才能がなかったと諦めと後悔を抱えている方はいらっしゃらないでしょうか?

私が当塾で学んだ事は、「才能が無い」のではなく、どうやったら自分が出来るようになるのか、考え実行する「工夫」が重要と言う事です。

当たり前ですが、大切な事なので、恥をしのんで正直に書かせていただきます。

私は今まで、学校生活も部活も就職活動もあまり深く考えずにノリと勢いだけでこなして来ました。

ノリと勢いでこなす事の出来ないものについては「才能が無い」「向いていない」と出来るようになる「工夫」をせずに諦めてしまっていました。とても幼稚でした。

当塾で上記の問題点と直面する事になりました。

とにかく、今までの自分の常識とは違う、高度で繊細な事ばかりが行われます。この事については体験レッスンを受けていただけば実感出来ます!

ノリと勢いだけでは絶対に解決出来ません。

その為自分には「才能が無い、、、」と落ち込む事が増えていました。

しかし、実際の問題点は私に「才能が無い 」事では無く、自分の問題点を分析し、改善方法を見出だし実行する「工夫が足りない」事でした。

まず、工夫せずして、才能が無いと諦めるなんて早計にも程があります。スタートラインにすら立っていません。

自分に本当に「才能が無い」と判断出来るほど「工夫と改善」を行えたなら、それが一種の才能だと思う程です。

私もほんの少しですが「工夫して」やっと出来るようになった事があります。(私は何を修得するにもとても時間がかかります。)

しかし、まだ「才能が無い」と諦める程の工夫と努力は出来ていません。

なので、工夫をして自宅練習あるのみなのです。

「自宅練習せずして悩むなかれ」と塾長の言葉がありますが、正に至言であります。

その真意に気づくまでとても時間がかかり、ノリと勢いの自宅練習に相当な時間を費やしました。
今までの時間を巻き戻したい思いでいっぱいです。
お恥ずかしい、、、


自分に本当に才能が、あるのか一度試してみたいけれど悩んでいる方、このブログにたどり着いたご縁で一歩踏み出す事をオススメします。

才能だなんだと言う前に気づくべき事、やるべき事が数え切れない程あります。悩んでいる暇など無い程です。

自分と向き合い、工夫し、行動する事は放送タレントとしての技術を学ぶだけでなく、人生にプラスの効果をもたらすと思います。

授業でお会い出来る事を楽しみにしております。

こんばんは、38期生のWですグラサン

早いもので、入塾してから約2ヶ月が経ちました。

初の塾生ブログですので、私も入塾のきっかけを語りたいと思います!

 

私がこの塾に入塾したのは、「ただ綺麗に読むだけの初心者読み」から抜け出したいと思ったからです。

喋りの仕事がしたいクラッカーと思い立ち、右も左も分からぬまま、大きな声での活舌トレーニングにのみ必死で取り組んできた私。

大手スクール含め、他の指導やレッスンもたくさん受けてきましたが、

・さらっと読めているけど内容が伝わってこないドクロ

・暗く聞こえる、落ち着きすぎている、棒読みに聞こえるドクロ

・一定のテンポ、音圧で聞いていて飽きてくるドクロ

という自身の弱点が浮き彫りになるものの、改善方法が一向に見出せずにいました。

幸い仕事がもらえた時も、自分に自信が持てず不安が募る日々。。。

 

そんな中、私が塾の体験授業を受けるきっかけとなったのが、このブログやHPでの先輩方のコメントでした。

私と同じ悩みを持っていた人たちが、ここで改善する方法を見つけている・・・!!

なんとかして自分を変えなければと焦っていた私は、すぐに塾長に電話をかけていました。

 

そこからは、、膨大な勉強、練習の日々が始まりましたメラメラ

話し口調に聞こえるための段下がりの法則や、文中での声のメリハリ。間の取り方。早読み・遅読みと…一見すると平易な文章でも、「伝わる読み」を実現するためには、やるべきことが山ほどあったのです。

(以前の私は、ただ大きな声でとちらないようにだけ気をつけていたのです汗それでは伝わるはずないですよね。。。

 


授業では、上記のようなたくさんの知識、情報を惜しみなく教えてくれます!

(最初のうちは授業の密度が濃すぎて頭を抱える日々でしたが笑、最近は一つ一つ納得しながら学べています!)

その分、発表の場ではダメ出しの嵐。今までの自分の読みでは全く通用しない。

厳しいことも本当にたくさん言われますがゲロー(笑)、優しいだけの指導は正直自分のためにならないことを実感してきたので、

大いに悔しい思いをしながら、自分を成長させていきたいと思います。

ほかの方のブログにもありますが、確実に多くのことを学べる場所だと思いますひらめき電球

 

まだまだ道半ばの私ですが、自分の人生を自立させるつもりでビックリマーク全力で取り組んでいきたいと思います。

 

こんにちは!

 

アナウンスの練習が続く毎日、38期生 AKですウインク

 

今日は僕が入塾したきっかけをお話したいと思います。

 

 

僕は、2年ほど前からラジオDJを仕事にしておりまして、

現在はレギュラー番組を2本やらせて頂いております。

 

しかし!僕には悩みがありました。。

 

その一つが、原稿がうまく読めない...えーん

番宣(CM)がうまく出来ない...笑い泣き

 

フリートークはまだ良いとしましょう。(良いとさせてください笑)

でも、、原稿(番宣の文章も)上手に読めないのは致命的です。。

 

そこで、ラジオ局で知り合い仲良くさせてもらっている

DJの先輩に相談したところ、

こちらの「放送タレント塾」の話を伺いました。

 

先輩もこちらの塾の出身で、

現在はラジオDJやナレーターとして、第一線で活躍されています。

 

その先輩から、

「こちらの塾は間違いない!」と、

「厳しいけど、しっかりと実力つくよ!」と

教えて頂きました。

 

ん?厳しい??

 

 

本気でこの道で進んでいくと決めている僕は

俄然興味がわき、

無料体験に行ってみることにしました!

 

厳しいとは聞いていましたが、伺った当日は本当に厳しいのが伝わってきました。

音が少し違うだけで、参加者が指導されています。

 

更にその時、いろんな情報や知識、高低差のある音が耳に入ってきて、

僕は正直 混乱しました(笑)

 

しかし、本気でやるからには、厳しい方が良いと思いましたし、

更に短期間で成長したかったため、4月の頭に入塾(入会?)させて頂きました。

 

今は毎回必死になりながら、勉強しています。

また自分が新たにステージに進んでいるのが感じられて楽しく、

今後の未来にワクワクもしています。

 

 

先生は厳しいけれど、愛があり、そして本気で僕らに接してくださいますよ。

本質や、アナウンス・司会・芝居の法則も教えてくれます。

 

明日もまた僕は注意されながら、一歩ずつ進むのです!

 

もし少しでもピンときた方は、

見学や体験にいらしてみてくださいね。

 

そして、こちらの記事に反応がちょっとでも頂けたら、

僕はまたその時、あなたに向かって記事を書くのです。

 

それではまた!!

 

 

38期生 AK

 

 

はじめまして、私は菅野と申します。
入塾してからひと月経ちました。

私の1番の問題は上司から『聞こえない!』『聞いてるの!?』って叱られることが多くて、『声が小さいのかなぁ?』とか『聞いてるのになぁ』とか『声が低いから?』とか『声がこもっちゃっているのかなぁ?』とかずっと悩んでいました。

ちなみに、この塾へはホームページを見て、無料の体験授業に参加しました。

演劇もナレーションも勉強したことがないのですし、『とても大変ですよ』と塾長からも言われましたが、塾長の熱い指導、塾生の方々も高みを目指し熱心に指導を乞う姿に『私もあのようになれたら!!』と通いはじめました。

まだまだできないことだらけですが、最初は本当に!とても!『声が暗い』『テンションが低い』『声が小さい』と言われてばかりでした。

しかし、なかなか治らず、塾長にラジオCMやボイスサンプル(今までの塾生のものから、テレビ、ラジオなどの大量の音源を参考にしたレッスンをしています)を聞かせていただき、人生相談もして、最近になって、ようやく、だんだんとわかるようになってきました。

そして、今日、実は、始めての時の録音(この塾は授業を録音できるのです)を聞いてみました。

とても暗いんです。

声は高い声で話始め、段下がりして低くならなければならないのに低い声から話始めているので暗いし、音の高低が少なく、さらに声が小さいのです。

『あぁ、これは聞き返されるわけだなぁ』と納得しました。

もし、声で悩んでいる方や、話し方で悩んでいる方がいたら、1度無料体験レッスンを受けて、塾長と話してみることで自分の改善点が見つかること間違いなしですよ!