【インターネット出願ソフト】データ出力したファイルをエクスプローラ上から直接開く方法【裏技】 | エーテルメモ(どーでもいいメモとグルメと特許に関するブログ)

エーテルメモ(どーでもいいメモとグルメと特許に関するブログ)

ほとんどくだらない情報ですが、
たまにまともなことも書きます。
最近はごはん系の記事多め(•́ε•̀;ก)


テーマ:

【インターネット出願ソフト】データ出力したファイルをエクスプローラ上から直接開く方法【裏技】

特許庁への問い合わせの中に「インターネット出願ソフトから出力したXMLファイルの中身を確認
する方法はないか?」というものがある。

庁では頑なに「インターネット出願ソフトの所定のフォルダに取り込んで参照」する様に回答しているが、
実はエクスプローラ上から直接XMLを開くことができる方法がある。

※特許庁では一切開示していない情報の為、自己責任において実施される様お願い致します。
 尚、私は2003年6月1日開始の「パソコン出願ソフト3」よりこの方法を行っていますが
 今のところ、ファイル破損等の不具合は起きていません。
(業務上ファイル交換を毎回行う必要がある為、この方法で作業しております)


1.エクスプローラを立ち上げXMLファイルが格納されているフォルダから開きたいファイルを選択し、「開く」をクリックする。
 (見本はAER.JPC)

エーテルメモ(どーでもいいメモと特許に関するブログ)-xml1

2.「インストールされたプログラムの一覧からプログラムを選択する」を選択し、「OK」をクリック。

エーテルメモ(どーでもいいメモと特許に関するブログ)-xml2

3.「参照」をクリックし、次のファイルを選択する。

  ファイルの場所⇒C:\Program Files (x86)\JPOI1\TAKE\PROGRAM
  ファイル名⇒「v4xva000.exe」を選択し、「開く」をクリックする。

エーテルメモ(どーでもいいメモと特許に関するブログ)-xml3

4.一覧に「v4xva000.exe」が表示されるので「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う(A)」にチェックを付け、「OK」をクリックする。

エーテルメモ(どーでもいいメモと特許に関するブログ)-xml4

5.これでファイルが見れるようになる。以降は開きたいファイルをWクリックすることでいつでも見られるようになる。

エーテルメモ(どーでもいいメモと特許に関するブログ)-xml5

6.審判系のファイルを開く場合。
  ⇒この方法はあくまでXMLファイルを開く方法であり、審判系のSGML系ファイルを開くビューワが見つからない為、開く方法がない。(ビューワが存在しない筈はないが、見つからない)

※この場合においても入力チェック結果「ACR.XML」ファイルは通常の拡張子の為、開くことが可能。

 ファイル交換時に入力チェック結果ファイルも一緒に交換しておくとよい。もしくはシステムファイル「AFM.XML」ファイルをメモ帳等で開けば出願番号(整理番号)・書類名・正常/警告の有無等の情報を調べることが可能。

*以下、手元にXMLファイルがない為、記憶が曖昧です。

7.電子証明書が付与されたファイルを開く場合
  電子証明書が付与されたファイル(出願前・接受済みのもの)を開く場合、電子証明書自体が暗号化されたファイルのようなものであるため、これを開くにはインターネット出願ソフトが起動されている状態であれば開くことが可能である。
(出願前の電子証明書付与済みのファイルと出願後のファイルではそれぞれ拡張子が異なるので上記「3」の作業を初回に行う必要があり、これについても審判系(SGML)は開くことができない)
この方法があれば発送書類も開くことが可能(確か)。

8.閲覧書類はファイル形態が異なる為、確かこの方法はできない。


以上、一部のファイルで見ることができないが、通常手続するほとんどのファイルは開くことが可能になる。

エーテルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス