どもども~。


ある日突然ワタシの元に、こんなメールが届きました。



あな様


はじめまして。

大阪でカレーの通信販売をしているハマルカレーと申します。

今回お願いがあってメールを差し上げました。

当社のモニターになっていただけないでしょうか?

こちらからカレー(ビーフ・モツ・マトンのキーマ)

を2食ずつ(計6食)お送りしますので、

お口に合えば、ブログで紹介して頂ければと思っております。




あらまぁ、なんてすてきなお誘い☆


と思いきや、こちらのひるどきなお方あちらのセレブなお方 も、


既に召し上がっていらっしゃるじゃないですかぁ~


これはタイヘン!あなも力いっぱいモニってみることにしました。







というわけで、モツ&キーマ&ビーフをそれぞれ食べ比べです。


最初に言っておきますが、こちら、冷凍された状態で送られてきます。


が、所詮冷凍カレーでしょ?なんて侮ってはいけません。


か~なりれヴぇるの高いカレーでございましたわよっ!


温めるのも超簡単、凍った袋のまま、沸騰したお湯の中にどぼん。


5分間ぐらぐら加熱するだけでOK!


こりゃ帰りが遅くなった日でもすぐに用意が出来て楽チンですネ。


いやぁ~、ハマルカレーさん、本当にありがとうございました。


その名の通り、あなにとっては、


まさにハマらずにはいられないハマルカレーでした。笑


ちなみにお店のホームページはコチラ


通販してます。お好きなカレーを購入出来ますよん。


ではではマイ・ハマルカレーの感想は以下へどうぞ~↓





■モツカレーにハマルの巻・激辛編



マジックの手書きで書いてある「モツ」という無骨な文字。


凍ったまま熱湯で5分あたためるだけで出来上がり。


今日のカレーのお供をするのは「クスクス」にしてみました。


よく北アフリカ料理で供されるセモリナ粉を粒状にしたパスタの一種です。


ほんのりとしたクスクスの甘みのおかげで、


このモツカレーの辛さをさらに強く、そしてさらに美味しく


いただくことが出来ましたワ!






モツカレーは牛モツ(ハチノス)がたっぷり。


一口食べると、ぼぼぼぼぼっ!


ぶはっ、うわっ、これ、からーっ!!!


と思わず叫んでしまうほどの激辛っぷり。


だけどその衝撃的な辛さの後に、複雑な旨みが口の中いっぱいに広がります。


玉ネギ、人参、セロリ、トマト、生姜、ニンニクなど、


野菜の甘みや旨みがしっかりと溶け出しているからこその美味しさ。


そしてたっぷりのスパイスがバランスよく入っているからこその衝撃。


確かにこれは激辛で、食べ進めるうちに唇のイメージはいかりや長介ですが、


ハチノスはくせがなく、舌の上でくちゅくちゅちぎれる柔らかさ。


これは間違いなイケる。美味しいトリッパのトマト煮込みを食べてるような


そんなイタリアンな気分に浸れます。


これは3つの中でもっとも衝撃的なカレーでした。





■マトンのキーマにハマルの巻・激辛編



あらま、これまた激辛ですって?


でも、さっきのモツカレーと同じタイプの辛さだったら


つまんないわよ。ねぇ?


ということで、今度はどんな風に調理して食べようかしらん。






まずは熱湯で5分温めて、準備完了。


白いゴハンがあまっているので、これでドライカレーを作りましょ。


フライパンを熱してゴハンをカレーで炒めます。


あ、でもカレーは後かけ用に半分くらい残しておきましょう。


じゅっじゅぅ~


あら、スパイスの複雑に絡み合ったイイ香り。


この香りがこちょこちょ鼻腔をくすぐり、思わず鼻の穴が広がります。


キーマカレーには、玉ネギ、トマト、茄子、生姜、ニンニクなど、


こちらにもたくさんの野菜が隠れているんですね。


そしてグリンピースの緑が見た目のアクセントになっています!


さぁ、炒めたドライカレーをお皿にもって、


さっき半分残したカレーをさらに上にかけて出来上がり☆






まずはカレーだけを一口いただいてみましょう。


おっ、これはモツカレーほど辛くはないような気がします。


と思ったら、あとからじわじわ辛さが身体中に駆け巡りました・・・。


油断大敵。これも十分辛いでつ。


さっきとはまた違う辛さの広がり方ですね。


お肉はマトンを使ったキーマカレーとのことですが、


マトンとは気づかないくらい、まったく臭みはありません。


赤だし味噌の風味がうまくマトンの臭みを隠しているからかもしれません。


とても食べやすいです。


ほぅほぅ、キーマはそつなく美味い、そんな感じです。


ドライカレーにもぴったり♪





■ビーフカレーにハマルの巻・辛口編



ビーフカレー。辛口。なんて普通なネーミング。


今度はパスタを茹でて、カレースパにしてみましょう。


ビーフカレーを袋ごと熱湯にドボン。一緒にパスタも茹でて準備は完了。


簡単、簡単~♪






パスタをお皿にあけ、その上にカレーをとろぉりかけます。


スパイシーな香りが部屋中に広がります。


見た目は小ぶりの牛肉がゴロゴロ入っていて、


野菜なんてどこにも見当たらないんですけど、


実は玉ネギ、人参、セロリ、リンゴ、生姜、ニンニク、トマトなど、


たくさんの野菜が入っています。


牛肉はフォークでハラハラとほぐれるほどの柔らかさ。


いやぁ~、こちらはいかがなもんでしょう?


まずはカレーを一口パクリ。





・・・あれ?




これも十分辛くないですか・・・?笑




そう、このビーフカレーだけ「激辛編」ではないはずなのに、


こちらも十分スパイシーで口の中いっぱいにインドの世界が広がります。


うひゃひゃ、これも美味しいじゃん♪


ガツンと刺激は強いのに、しっかりと深みのある味。


ただ辛いだけじゃないんです。そしてコク深い。


蜂蜜とヨーグルトが入っているのもポイントかもねぇ。





メラメラメラメラメラメラ



というわけで、すべてのカレーを試食してみた感想は、


ハマルカレーはすごいってことです。笑


ただ単に辛いだけではなく、


複雑な旨みやスパイスが絶妙に折り重なったグレードの高いカレー。


冷凍食品のまま終わらせておくにはもったいないわ!


どこかでお店を持つのも素敵だし、デパ地下のカレーイベントとかで出店するのも素敵!


もっと身近な存在に欲しいくらいよ、ハマルカレー。


っていうくらい、ホントにオススメ。


さぁ、皆様も是非このハマルカレーをお試しアレ♪


購入はコチラ から、店主のブログはコチラ ですわよん~




ハマルカレー
大阪市平野区背戸口2-9-25
06-6705-7460
http://www.hamaru-curry.com/