ひたすら寝姿

シニアライフは
毎日
果報は寝て待て路線



前の記事のあとに起こった
     豪雨災害
         さらなる猛暑
             強い台風20、21号
                  北海道での大きな地震

そして、またこちらを狙っている
台風24号など、


色々厳しいけど、
うまく守りながら
やり過ごすしかないですね。

皆で気をつけて助けあおうね。

もーしょ その後

晴れ猛暑ゲロー滝汗

餡堂家の庭は灼熱環境に。
ひなたは、しょっちゅう40~45℃



「暑すぎざます」 と、黒母。

先代犬達がいた頃は、
夏場も日中はエアコン無しで
軽くクリアしていたのが嘘のよう。

※当時のメンバーは、
  シベリアンハスキーとセントバーナード
    

いま、彼女たちがいたらと思うと、
恐ろしさで胃が本当にねじれる感覚が。


6月から小型犬トリオは
異常な痩せ方をして獣医さんに駆け込み受診。

結果、全員異常無し。
夏痩せすることで、酷暑から身を守る作戦らしい。


  太郎 3kg  →  1.7kg  半減近い
  黒母 6kg  →  4.5kg   要注意
  白母 7kg  →  5.5kg   要注意

  なっち  27kg →  25kg  それほど問題無し


エアコン連続運転の完全室内飼育に移行。

ところが、

7月半ばまで、食欲はあるのに
体重が戻らない小型犬トリオ。

しかし、なっちは身体が大きな分、
かなりのストレスがかかり、
7月下旬に激しい下痢。

右耳の外耳炎も進行。


猛暑に加えて、度々のゲリラ豪雨、
連続来襲の大型台風。
よって運動不足。


なっちは、8月初旬から、急遽、
自然環境下で涼感たっぷりな生家の
警察犬訓練所に避難することに決定。


猛暑収束まで、訓練所でお世話になります。



以上、2018年夏の記録。



やしの木  追記  やしの木
なっちが我が家に来た頃と変わってしまった夏。


周辺新築家屋壁面からの
反射光、輻射熱、
そして自分の家のものを含めての、
全ご近所さんからの室外機排熱が
風通しの悪化した我が家の庭で滞留することが分かりました。


それが、異常高温に一層の拍車を掛けるようになりました。


もしかしたら、この先、
大型犬との生活はもう望めないなと。



悲しいけれど、どうしようも。


これだけは言えることがひとつ。

プレハブ壁面からの反射と輻射でも
これ程に過酷なら、

もし、裏山や更地にできた太陽光発電大規模施設から
既存の一般民家やアパート反射影響を受けたら、
どれほどの環境や健康にダメージを受けることか、
想像に難くないと思います。

きっと茶飲み話のレベルでは無い、と。


かーさまも、
6月から、
暑い外では汗をかけなくなった一方、
冷房環境に入ると玉のような汗が
滝のように流れて止まらなくなったり。

他にも様々な、
熱中症由来の自律神経失調症や
痺れ、頭痛、めまい等々が出て、
表現の難しい大変な状況が継続中。



どちら様も、猛暑が収まったあとも
どんな症状が後から出てくるかは未知数なので
十二分に気をつけてくださいね。



もーしょ

暑いよ
          まいにち  暑過ぎて
                      庭は40℃超えたよ‼️



シニアライフの身には危ないから
エアコンつけてもらって
寝るしかないの





水遊びも
庭の日陰でやってたんだけど

かーさまは日陰でも熱中症に
すっかりやられてしまって、
お風呂場でするようになりました。



日陰で40℃ということは、
ひなたは...
ほら、このとおり。


命 だいじに‼️