ども。

 

よっしーです。

 

 

今回のはなしは結構ディープなので

嫌な思いをする方もいらっしゃるかもしれません。

でも…でも、とてもやるせない気持ちでいっぱいで触れないわけにはいかないので書かせていただきます。

不快に思われたらすみません。

 

 

また起こってしまいましたね…

 

 

人、それも自分からみたら弱者である子どもを殺めてしまうなんて

いったいどんな心理状態だったらそうなるのだろうかと思います。

 

だって。

 

人を殺したくなるくらいの気持ちってなかなかなれるもんじゃないですよ。

いや仮にね、

「アイツいなくなればいいのに」

って思うくらい憎んでる人がいたとしてもね、

 

じゃあ殺そう

 

ってならないよ。

 

 

百歩譲って、殺そうと思ってその行為に向かってもね

躊躇するんじゃないかと思うんです。

ワタシだったら。

 

 

だけどその行為をやり遂げるって…

ある意味ものすごいエネルギーなんだと思うんです。

 

そのエネルギーって

なんなんだろう?って思うわけです。

 

 

 

例えばね、今置かれてる状況がどうにも耐えられないものだったとしても

自分が離れる

っていう、とんでもない便利な選択肢があるんですよ。

 

学校がどうしても合わなかったら行かない

結婚生活がどうにも辛かったら逃げる

会社がなんとしてもしんどかったら休む

家族でいるのがとてつもなくイヤだったら家出すればいい

 

 

いやいや、そんなわけにはいかないでしょう

 

 

そう思うヒトもいるかもしれない。

でも、そうなんだよ。

自分がラクになるなら、そこから離れていいんだとワタシは思う。

 

 

そこから離れられないのは、自分自身の思い込みであり執着心なのよ。

 

 

 

--学校には行かなきゃならないから

 

なんで?

親がそういうから?

学校行かなきゃ落ちこぼれちゃうから?

休むのが恥ずかしいから?

負けちゃう気がするから?

 

学校に行かなくたって全然負けじゃないし、学校なんか、ただの学校だよ?

人生を左右するほどのもんじゃない。

それより自分が穏やかにいられることのほうが大事だよ。

 

 

--離婚するわけにはいかない

 

どうして?

世間の目が気になるから?

自分で稼げないから?

 

それ、相手を殺して果たして解決しますか?

そうしないとしたら、いつまで自分をすり減らしガマンしつづけるのでしょう?

それって自分を大事にしているっていえる?

だったらなんとかして自分のチカラで稼ぐほうがよくない?

仕事…いっぱいあります。選ばなければ。

 

「もう、ワタシの力で生きていくから」

 

って覚悟を決めるんです。

 

 

そう。

相手を変えることはできないの。

変えられるのは自分だけ。

今いる場が自分にそぐわないと思っても、

「あの人がもう少しこうだったら…」とか

「先生がもう少し優しくしてくれたら」なんて思って

相手が変わるのを待っていても、

 

あなたが辛くなるだけ、なんだよ。

それが執着心になるんだよ。

 

 

 

ワタシは若いころから心理学に興味があって

児童心理も好きだったけど実は

犯罪心理学に一番興味がありました。

 

死刑囚の手記なんか大好きで、元オットに

「子どもがいるのに棚に死刑囚の手記ってどうなの?」

と言われたこともある(笑)

 

 

そのとき

(えっ、こういうの興味ないの?)

とビックリしたのを覚えてます。

 

 

え?

もしかしてあなたも興味なし!?

 

     ※少し控えめに小さくしてみた

 

 

つい最近まで放送されてたドラマ『あなたの番です』の

黒島ちゃんみたいに

「殺人がしたくてしたくてたまらない」

って人の心理はまったく別のものだとは思いますが

(信じたくないけど、いないとは言い切れない)

 

 

人を殺めてしまう人の心理って

激しい思い込みと執着心

そして、尋常ではない追いつめられ感

なのではないかと最近思います。

 

 

どれもやわらげることができるんだよ。

少しずつでも手放していけたらいいよね。

最悪の結果になるまえに。

この世界のみーんなが笑顔になれるように。

 

 

もっと研究を重ねて

そんなヒトが少しでもラクに生きられるように

お手伝いしていきたいと思っています。