しました?・・・・いや!したのは笹山商店街であってホンキートンクじゃないんですけどね。

 

うちの店も店主のZ1もがっつりテレビに映ってたそうです、店主は残業中でテレビは見てないんですがお客様が写真撮って送ってくれました。

 

ちなみにフジテレビ系列の「10の秘密、第1話」です。

 

こんな感じ、写真撮るタイミングが遅くなってこの画像では大きく映ってないですが放送中はがっつり映ってたそうですよ。

 

実は撮影時は店主は店の中で息をひそめて見ていました「今ここでヴェックショォイ!イッキショ~メ~!」ってくしゃみしたらどうなるんだろうとか思いながら。

 

つまり上の画像の時に向井理の右隣りの店の中には店主が潜んで見ていたのです。

 

ピンぼけだけどアップ。左の一番前は修理でお預かりのサベージですね、暮れの大修理で預かった寿司屋のジャイロも映ってます。

一番後ろの奥の方に店主のZ1も見切れていますね。

 

笹山のアーケード街。

アーケードの裏手ですね、しかし画面越しに見る笹山は実物以上に昭和の匂いしかいませんね、こんな場所が令和の現在にまだ存在するなんて。

 

あ!画面出しておいてなんですが聖地巡礼はお断りします。(来ないって!)

 

そんな昨日は在庫のアクシストリートの整備から。

エレメント汚いですね・・・・・・ここで問題発生!取り寄せておいたはずの部品が無い!無い!な~~~い!

はい!先日のどさくさで中古部品に紛れてどっかの誰かさんが売っぱらってくれてました・・・・・・・orz

 

おかげで鼻から魂抜けて半日ほど抜け殻になってました・・・・・・・。

 

何とか気を取り直してもぞもぞと動き出しのろのろと仕事再開して。

 

ワイヤー錆びて動かなくなったレボシフトのワイヤー交換します。

 

交換用ワイヤー!ヤマハから部品取るとワイヤー単体の設定は無かった・・・・・はず。

 

これがレボシフト、交換後のワイヤー調整は2速でやります覚えておいてね。

 

ネジ二本外すと。

シフターの蓋が外れますのでワイヤーのタイコを外してワイヤーが外せるようになります。

 

古いワイヤーの取り回し通りに新しいワイヤーを通したら。

 

画像中央のプッシュロッドにケガキ線があるのが分かりますか?シフターが2速の状態で。

 

ケガキ線がちょうど隠れるくらいの位置に調整してください、調整終わったら手でペダルをこいで動作を確認!しかる後に緩み止めナットを締めてカバー類を戻します。

 

試乗して問題なければ修理完了ですよ。

 

次!

 

処分で入庫のライブディオ、十分モノになりそうなのでばらしていきます。

 

ばらします。

あれ?後期のフロートは樹脂製で油面調整は無いはず・・・・まぁオーバーフローしないで使えれば何でもいいけど。

駆動系は程度良いです。

軽く洗浄して車体に戻して

あっさりエンジン始動!異音なく状態良いので仕上げます。

 

常連のMさんが2ストの車両探してたので仕上がったらお知らせしますね。

 

とにかくアクシスのせいでテンションダダ落ちで手が遅い!もたもたとそれでもやれるとこまでやろうと。

 

在庫のインジェクショントゥデイを仕上げたところでギブアップ!

 

パッパ!パッパ!とやってれば23時前には帰れたよな~店閉めたのは0時半過ぎでした・・・・・・(´・ω・`)